復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

漢文の語法

投票コメント

全135件

  • はい、まず立つで有名な漢。縄文展の石棒を熱心に語っていた姿に私は感銘を受けた。
    その師の授業に於いて私はこの本を知ることとなり、寝ても覚めてもこの本ばかり考えてしまう。
    私からの願いはただ一つ。私と師を救う為にこの本が復刊される事である。 (2018/09/16)
    GOOD!2
  • 国語の先生が童貞だから (2016/09/12)
    GOOD!2
  • ごほうの本として、よいと国語教師に勧められたため。じぶんはあまり漢文はとくいではないですがもしかしたら出来るようになるかもしれない。中古でも高騰してるみたいなので一刻も早い復刊をよろしくおねがいいたします。中古でも中国系専門書店かネットオークションでしか入手出来ないというはなしをネットで目にしました。たくさんの仲間が投票しているようなので、どうにかして復刊して欲しいです。 (2016/09/12)
    GOOD!2
  • 漢文の解説書には「語学の教科書」としての側面が弱いものが多いように思います。外国語なのですから一番基礎的なところから始め、次第に難しくすべきです。それなら中国語の勉強をせよ、と言うならそれは違います。漢文と中国語は同じではありません。訓読に上達するための本格的文法書としてまず挙げられるものは本書でしょう。
    「注意すべき語法」についてだけ解説するのではなく、当たり前な単純な文型から始めて、次第に複雑なものに進みます。まさに王道を行くものでしょう。
    返り点送り仮名が無い白文を直読して解読し訓読するにはこの書物を丹念に勉強するのが最善と信じますが長らく入手不能であり、代用書が見当たらぬ以上復刊は大きな意味を持ちます。
    もし復刊が不可能となったら私自身がホームページを開設して本書の内容を(版元と交渉して)公開しよう、と思うほどです。 (2004/07/06)
    GOOD!2
  • 同様の書籍がない (2020/12/13)
    GOOD!1
  • この本面白かったンゴ
    復活して欲しいンゴねぇ (2018/09/13)
    GOOD!1
  • 以前友人に貸してもらい読んだことがあるのだが、高校の教科書に乗っているような、半端な漢文の読み方ではなく、漢文本来の味や風情を楽しめるようになる、素晴らしい本であると感じた。
    現在「漢文の語法」は、オークションでも20000円近い値段がつくもので、私も少々厳しいところがあるし、何より、漢文に興味を持つ他の方々にもぜひ読んで欲しいと思っているから。 (2016/09/13)
    GOOD!1
  • ぽきたw 魔剤ンゴ!? ありえん良さみが深いw
    Y師匠からの漢文で優勝せえへん? そり!そりすぎてソリになったw
    や、漏れのモタクと化したことのNASA✋
    そりでわ、無限に練りをしまつ
    ぽやしみ〜 (2016/09/12)
    GOOD!1
  • 暇だったから (2016/09/12)
    GOOD!1
  • みなさんこんにちは

    この本はとってもおもしろいと、我らが担任、y先生がおっしゃっておりました

    ぜひ復刊して欲しいです

    もう今すぐにでもこの本で漢文を勉強したいです

    この本でテストも100点間違いなし! (2016/09/12)
    GOOD!1
  • この本が出版されて以降、現在まで類書は数多出ているが、未だにこれをしのぐ本をみません。
    是非復刊してください。 (2016/05/07)
    GOOD!1
  • 漢文法書の中でも、訓読関係の参考文献として
    よく目にする本です。

    ですが、古本市場でも、
    価格が当時の2倍以上をつけており
    手をつけることが出来ません。

    「漢文法要説」が今でも手に入る状態ですから、
    同じように、もう一方のこの本も復刊してほしいと
    希望します。 (2014/10/15)
    GOOD!1
  • 漢文関係のあちこちのサイトで紹介されている
    漢文語法の名著。
    近年角川学芸出版はソフィア文庫で初心者向け
    古典の出版に意欲を見せているようですが、
    こういう本格的な名著を資産として持っているのだから
    ぜひ復刊して頂きたい。 (2014/10/12)
    GOOD!1
  • 漢文を伝統的な訓読で理解しようとするときに、最も信頼できる参考書と言えよう。世に数多く出回る類書との違いは、本書が単なる句法集にとどまらず真に語学的なアプローチを試みているところにある。良書なので復刊を切に希望する。 (2013/09/12)
    GOOD!1
  • 受験漢文の参考書は多いけれど、あれはタダの点取りゲームでしょう。過去と現在を繋ぐ古典を読むための参考書となると、本当に選択肢が少ない。中でも、本書は漢文参考書でも最高峰と誉れ高い。日本に漢文学習者がいるうちに是非復刊を。 (2013/04/06)
    GOOD!1
  • 漢文の独学には必須とも言える参考図書。古書市場からも払底しており、不当な高値が付いている。是非復刊を希望する。 (2009/06/19)
    GOOD!1
  • 傑出した良書と聞く。
    こうした書籍が絶版となっているのは文化の没落を招く。 (2008/07/06)
    GOOD!1
  • 長い中国古典学の歴史を踏まえた、深い読みを学ぶ事ができる。半端な漢文入門書ではない。漢文教師の座右の書というべきである。今や絶版になってから久しく、入手しようとすると目が飛び出るほど高い。 (2005/12/20)
    GOOD!1
  • 角川書店の小辞典シリーズの1冊です。漢文の語法について、「古代漢語」の観点から、日本語・現代中国語双方から特殊な漢文の語法を解説されていて、日本人が訓読法によって誤読している箇所などの指摘に啓発される。同シリーズの中の別の著書を批判的に取り上げているのが復刊されない要因の一つと思われるが、現在では本書の解釈が正しいと思われるので、誤読を正す意味でも貴重な書籍と思われます。 (2004/11/16)
    GOOD!1
  • 墓碑銘を読めるようになりたいので。??? (2021/04/10)
    GOOD!0

T-POINT 貯まる!使える!