1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『ちびくろさんぼ(ヘレン・バンナーマン)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧(Good!数順)

コメント一覧

ちびくろさんぼ

全1,111 件

子供の頃に読んですごく面白いと思ったのに、黒人差別だとの噂以来全く見かける事がなくなって残念に思った。子供の心に差別と言う言葉もなければ、黒人が差別されていると言う認識もなく純粋に面白いと思って読んでいるのに、大人が黒人差別と声を上げたせいで、逆に黒人は差別される人種なんだと理解したのを覚えている。 トラがバターになってしまうところまでしか読んだ事がない上に、最初からの内容もうろ覚えになってしまってるので、ぜひ復刊して読ませてほしい。 (2015/10/07)

5

ステレオタイプな黒人描写で物議をかもしましたが、だからといって主人公の名前やキャラクターまで変えてしまうような改変・改作はおかしいでしょう。ぜひとも原本のままで復刻していただきたい。 トラがバターになる!そしておかあさんがホットケーキを焼いてくれる。169枚も食べられる、おいしそうな表現を再現してください。 岩波版でも版を重ねる時に訳文が変わっています。オリジナルでの復刻を期待します。 (2016/10/19)

3

今では 差別語になり なかなか使えない ちび と くろ という言葉が 題名で どうどうと かかげられていて でも 卑屈さも 悲しみも 同情もなく ただただ 無邪気に 木のまわりを ぐるぐる まわると バターに なってしまう奇想天外な お話が さらっと 素直に 笑うことができるので とても 子供心に 深くのこっています 黒人という 未知のひとと 南のくにの 木の高さ すぐ虎に出会ってしまう自然環境が より想像力を 駆り立ててくれました 幼い子供には 是非 生涯に1度ぐらい 読み聞かせてあげたい本です (2012/09/07)

2

子供の頃、大好きで何度も何度も読んでました。この絵本を読んで差別だとか思うのは大人だけで子供にとってはただただ楽しい絵本だと思います。奇想天外で異国への想像もかきたてられます。自分でもまた読みたいし、子供にも読んであげたいです。 (2018/06/14)

1

小さい頃に読んだ覚えがあります。 『差別?なんのことだろう…?』と不思議に思った記憶があります。タブー視されるようなものなのかと、子供心に違和感を感じていたなぁ、と今更ながら思います。 お話自体は、ワクワクドキドキして、スピード感も感じるもので、また読んでみたいなぁと純粋に思います。 (2018/05/24)

1

インド人の話しなのに、アメリカに寄生移民したアフリカ人に廃盤にされた。その手合いを認めると、日本に寄生してる3国人が付け上がるだけ (2018/05/22)

1

50年前に幼稚園のお遊戯会で「ちびくろさんぼ」の劇をやったことを今でも懐かしく思い出します。 トラがクルクル回って、バターになって...あれ? 最後は勿論ハッピーエンドだったと思うけど、どうやって終わったっけ? 記憶は段々と薄れていってますが...、懐かしいのでぜひもう一度読んでみたいですね。 (2018/05/22)

1

子どもの頃に読んで、とても楽しかった話なのに自分の子どもには買ってあげられなかった絵本。 トラに追いかけられて木に登って逃げるシーンはドキドキし、トラのバターでホットケーキを焼いてもらうシーンは甘い香りを思い出して、自分もホットケーキを食べたくなった。 差別的との批判もあるが、物語としては名作。多くの子どもに読まれて、大人になっても記憶に残っているのが、その証。これからも読み継がれてほしいと思う。 (2018/05/13)

1

シリーズ全部、大好きです。 いつの間にか、図書館から消えていて、悲しかった思い出があります。 「ちびくろさんぼ」は「ちびくろさんぼ」であって、人種差別につながる言葉とは、大人になった今でもどうしても思えないままです。 ぜひ、復刻して、子供たちに読み聞かせを!! (2018/05/12)

1

昔、親に呼んでもらった記憶。 とらがぐるぐる回ったらバターになるところがおもしろくて大好きな絵本でした。 差別用語だから廃刊!ではなく、もっと内容や子供にちゃんと親が伝えればいいだけのこと! 自分の娘にも読んであげたい1冊です。 (2018/03/08)

1

最近の差別をあおるということば狩りで変に無難?な訳で送り変えたものを読み直したがどうもうまくない。べつに差別を連想させるものでもないのどかな作品だし!子供の時代に母親に何度も読み返してもらったことを懐かしい。ぜひもう一回!‼️ (2018/02/28)

1

まず子どもにとっては文句なく楽しい物語であること。また、人種差別を助長する可能性もあるというのも一理あるが、その議論があることもオープンにした上で本を手にとって読むことがあってもよいのではないか?そうでなければ、「寝た子を起こすな」式に人権教育に反対する立場を取る人と同じように、考える機会も奪われてしまうのではないか? (2018/02/07)

1

「差別があった」と言う事実を隠蔽するかのような行動はそれこそ「差別」だと思う。「臭いものにはフタをしろ!!」ではなく、正直に「昔はこんな扱いだったんだよ」と示すべき。 …というような難しい話は置いといても、この愉快で楽しいお話は広く読まれるべきと思います。 (2018/01/28)

1

虎がバターになるというお話を、とても楽しく何度も読んだ記憶がある。この本を読んで差別だと感じる人の方が少ないのでは?白はいいけど黒はダメ、ということこそが差別になるのではないかと思う。ぜひ復刊してほしい。 (2017/10/13)

1

単純に、発想がユニークで、面白い内容のお話だと思います。今の子供たちが読めないなんて、勿体ない!!このお話を読んだが為に差別が広まるとは思わないのですけどね。きちんと解説すれば良いことですし・・・とまぁ当事者ではない私がとやかく言ってはいけないのかもしれませんが、ぜひ復刊してほしいですね。 (2017/10/06)

1

小さいころに読みました。トラがぐるぐるまわってバターになるなんて、おもしろくてとても印象に残ってます。 トラのバターはどんな味かな?と空想にふけりながら。 黒人差別という難しい問題がふくまれてるなんて、幼い私にはわかるはずもありませんでしたが、そういう肌の色の人たちがいるということを知ったのもこのお話でしたね。純粋にお話として子供が楽しめると思います。 (2017/07/23)

1

小学生の頃、授業で先生が読んでくれた思い出があります。 確か最後は数頭の虎が気の周りをぐるぐる回ってバターになって その虎のバターでサンボがホットケーキを食べたような話だったかな?虎がバターになるのが不思議だった。 もう一度読んでみたい。 (2017/04/13)

1

母から聞いただけで、読んだことはない。もう童話だの絵本だのの歳ではないが、純粋なものに触れたい気持ちから、復刊を願う。言葉そのものが問題である訳でなく、その言葉をどういう意図を持って発するか。チビだって黒くたっていいじゃない! それを認めて受け入れてさえいれば。サンボとトラでほのぼのしたい! (そういえばドラえもんでちびくろさんぼが出てくる箇所も、別作品と差し替えられていたとの母の話。残念極まりない) (2017/04/05)

1

ebi

ebi

幼稚園の図書室にあり、いつも借りていました。 とらがバターになってしまうシーンが怖いながらも、好きなシーンでした。 子供たちが読んだら、いろんな感想を持つと思うと、読ませてあげたいなと思いました。 (2017/03/29)

1

幼い頃に親に買ってもらった絵本ですが、引っ越しをした後になくなってしまい… 当時どの本もわたしの手には大きく疲れてしまって本を読むのがあまり好きではありませんでしたが、『ちびくろさんぼ』は何度も読みました。そしてなにより物語自体の面白さ。もう一度読みたいと心から思います。 (2017/01/29)

1

差別的表現があるとして書店から消えてしまった本ですが、差別も含み、その当時の人の視点が知れる貴重な本です。子どもにとっては多角的な視点を養うためにも必要な本であり、大人にとっては黒人差別について考えるきっかけとなる本でもあると思うので、ぜひ内容を変えずに復刊して頂きたいと思います。 (2017/01/25)

1

孫と読みたい (2016/10/25)

1

この本を読んだ人はみんな「トラのバター」を使ったホットケーキに心を奪われたのではないでしょうか。差別問題との関連はもちろんありますが、あのバターとホットケーキは、この絵本でしか「味わえない」もの。ぜひ、復刊を希望します。 (2016/10/06)

1

昔読んでもらって、一番印象に残る絵本だったからです。差別問題から一時期廃刊になってしまったのが、納得もできませんでした。最近出版されたものを持っていますが、それとはなんだか違っていたのではないかと思って、それを確認したいということもあります。 (2016/07/05)

1

差別という問題が言われたが、そうは思わない。作品の質はとても素晴らしい。一方的な見方だけで、この素晴らしい作品が消されていくのは、文化を大切にしないことだ。強く復刊を願う。あなたの子どもに読ませよう。きっと子どもはステキな笑顔を見せるはず。 (2016/04/12)

1

大好きな本でした。 NHKでも音楽をやっていて、2つで楽しむことができました。 元気なちびくろさんぼが可愛くて、こちらまで、元気になってしまうそんな本でした。 小学生時代の息子が真っ暗だったので、ちびくろさんぼと呼んだりもしたりしてました。 とらを退治した時のバター とても美味しそうで、今でも、食べてみたいと、思ってます。 南の島が大好きで、旅行に行くのも、この本のおかげかもきれません。 人生に大きく関わった本です。 (2016/02/09)

1

色々問題があるにせよ。自分が子供の頃には、みんなが知ってるあたり前のように本屋さんに並んでいた本。今の子供たちにも読んでもらいたい、 そして、なぜ、この本が廃書になってしまったのかを、子供たちとは話し合えばよいと思います、 (2016/01/11)

1

子供の頃に読んで心に残っているので★ 小さい頃は、この本持っていたんですけど(;>_<;) (2015/10/12)

1

大人の事情が色々と言われていますが・・・、 自分はこの本で差別的な感情の根っこを 植えられた覚えはありません。 純粋に物語として面白い展開だったと思います。 (2015/10/11)

1

小さい頃読んで、とてもワクワクドキドキした本です。 これを読んで人種差別と感じる人は、元々そういう考えではないかと。実際どのような思いで書かれたか知らないのですが、子供は素直に楽しんで読んでくれると思います。 (2015/10/09)

1

全1,111 件

TOPへ戻る