1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『わたぼうし翔んだ : 奈保子の闘病スケッチ(河合奈保子)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧

コメント一覧

わたぼうし翔んだ : 奈保子の闘病スケッチ

全230 件

この本を買いそびれた為。 (2018/09/22)

4

闘病記や音楽への思い、心優しく著述では実に頭の良い彼女らしさが綴られています。 廃刊のままでは勿体無い、多分アイドル史上一番良い手記でしょう。 (2018/09/22)

5

yas

yas

当時購入して読んだけど、改めてもう一度読み返したい。 (2018/09/21)

4

最近になりYouTubeで奈保子ちゃんにはまっている復活ファンです。確かに購入して読んだ記憶があるのですが、今となってはどこへしまい込んだのかわからない状態です。 復活ファンとしては、ぜひもう一度読んでみたい本です。 (2018/09/18)

5

是非読んでみたいし、沢山の方々に読んでもらいたいから。 (2018/09/17)

4

読みたくても入手できないから。 (2018/09/16)

4

闘病当時の心境などが綴られているとのことで是非読んでみたいです。中古では手に入りにくいです。 (2018/09/09)

4

新刊時に購入していなかったため、ファン復帰後、オークションサイトで購入しましたが、経年劣化がひどく、是非新品を購入したいと思います。 内容については皆様ご紹介の通りですが、転落事故の前兆の様な出来事についても記載されており、河合奈保子さんが10代の頃から信仰心が厚かったことが垣間見れます。 不思議なことに、奈保子さんの生き方は、ある程度の人生経験を積んだ今になって共感することが多いです。 その意味で、奈保子さんの休業後にファンになられた方々に読んで頂きたいのはもちろんですが、私の様な50代の復帰ファンにも是非読んで欲しいと思います。 (2018/09/08)

5

発売当時に購入し、今でも所有しております。 所謂アイドル本とは違い、写真はモノクロ1枚のみ。 本人の日記も織り交ぜ、当時の御本人の気持ち等がよく分かる、しっかりとした読み物になっていると思います。 彼女のファンでまだ読んだことがない人には、是非、読んでもらいたい一冊です。 それにしても今読み返すと、現在の河合奈保子さんの状況と当時の彼女の夢がとてもマッチしていて驚かされます。 ふわふわしたイメージだった彼女ですが、10代の頃から、とてもしっかりした女性だったのだな、と思いました。 もし復刊したら、もう一冊買います。 今、持っているのは少し日焼けしてしまってますので、綺麗な本をもう一冊。 宜しくお願いします。 (2018/09/07)

7

ファンだったから、 (2018/09/07)

4

歌手デビュー2年目、18歳の女の子が 下半身不随になったかもしれない大怪我にあいながらも 治療してくれた病院の医師や看護婦・スタッフ・親族・療養先の宿のみなさん・支えてくれたファンへの感謝にあふれている本です。 周りを押しのけて自ら前に出てくる方が多いのが芸能界なのに 自分の事よりも周囲を大切にしてた河合奈保子さんの 心遣いに触れられる本です。 (2018/09/05)

15

読んでいて、河合奈保子さんの歌への想いが凄く感じられた。魅力ある本です。 (2018/09/03)

7

現在では入手困難の為 (2018/09/02)

4

河合奈保子さんのような方は、芸公人にはなかなかいないタイプです。この本を読むと、音楽や歌から本当の心が伝わって来るように、彼女の人柄の良さが伝わってきます。「根っから良い人」て気がします。 (2018/08/08)

18

持っていないので、ぜひ復刊をお願いします。 (2018/08/07)

4

世間一般の河合奈保子さんに対するイメージは未だに「胸が大きい」や「グラビアアイドル」みたいなのが大半です。 彼女のファンの人達は彼女が本当に音楽が好きで、圧倒的な歌唱力に加え、楽器演奏、曲作りまでこなす豊かな才能を知っています。でも、河合奈保子さんの一番の魅力は容姿よりも音楽的才能よりも、彼女の人柄であると思っています。飾らない人柄、優しい人柄、素直な人柄、真面目な人柄、全てメディアを通じてしか知らない事ですが、メディアが彼女を批判的に伝えているのを見た事がありませんし、彼女の周りの人達のコメントも彼女のそんな人柄を伝えるものばかりです。河合奈保子さんの本当の魅力を伝える書籍は写真集などよりも、彼女の言葉を綴ったこのようなエッセイだと思います。特にこの本は大怪我をして自身が大変な時に周りへの感謝の言葉が溢れており、彼女の人柄がよく表れている本です。一人でも多くの方に読んでいただきたいお勧めの一冊なので復刊を強く希望します。 (2018/08/05)

21

max

max

飾りなく、本人の気持ちが多く語られている貴重な本であり、人の元気づけにもなる。 中古で入手しようにも、とてつもなく高額で、とても買えそうにない。 (2018/08/05)

4

80年代にアイドルとしてデビューし大人気だった河合奈保子さん。素直で優しく清らかな品行を保ったまま、アイドルからアーティストへと成長していった唯一無二の芸能界での成功者だと思います。 正直者はバカをみる世知辛い世の中を、誠実に力強く渡り切るには、どういう心持で生きて行けば良いのか教えてくれている著書だと思います。 「和を以て貴しとなす」実践できている河合奈保子さんのような人はほんの僅か。しかしながら、彼女のような心持の人間が増えれば増えるほど「平和な世界」に近づける。そう思わせてくれる非常に大切な著書だと思うからです。 (2018/08/03)

7

歌手としても女優としても大ファンです。なので是非応援したくこの本の復活を願いみんなに読んでもらいたいです。 (2018/07/10)

3

昭和55年(1980年)から平成9年(1997年)まで約17年に亘って、清純派のアイドル歌手・シンガーソングライター・女優などで活躍された河合奈保子さんの著書です。 昭和56年(1981年)10月5日に、歌番組のリハーサル中に4.5mの深いセリに転落し、生涯車椅子の身体になりかねない重傷(腰椎損傷)を負い、入院・療養を余儀なくされました。状況が悪ければ命を落としかねなかったそうです。 この書籍では、その顛末が当時の10代女性の可愛らしい筆致で記述されています。 また、アイドルの著書と思えない書籍の装丁や真面目な内容で、彼女の真摯さが伝わってきます。 私はこの書籍を読了し、河合奈保子さんは「アイドル(偶像)」ではない、私たちと同じ「人」なんだと知りました。 可愛らしさと美しさ、歌唱力の高さ、そして虚飾の世界にあっても飾らずに優しく気さくで誠実であり続けた河合奈保子さんの人となりを知るためには必読です。 先日21年ぶりに肉声を聴かせてくれた河合奈保子さん。変わらぬ心優しきお声に、この「わたぼうし翔んだ」の復刊を快諾していただけるような印象がしました。 (2018/07/08)

28

全230 件

TOPへ戻る