復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

ゲッターピジョンさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧 10ページ

復刊リクエスト投票

  • UFOロボグレンダイザー(完全版)

    【著者】永井豪/岡崎優.他

    求む完全版。
    【追記】マンガショップさんの「季刊お宝マンガ通信」2011年13号の裏表紙によると、岡崎優先生のバージョンが刊行企画に入っていました。期待しています。(2006/07/20)
  • キャンディ・キャンディ

    【著者】水木杏子 いがらしゆみこ

    ファンの為に和解して欲しい。その為にも、講談社に仲立ちして欲しい。(2006/07/20)
  • バットマンの冒険1・2

    【著者】M・H・グリーンバーグ編

    アシモフの書いたバットマン?まったく想像が出来ません。ぜひ読みたいです。(2006/07/20)
  • オシリスの眼

    【著者】R・オースチン・フリーマン

    ソーンダイク博士のファンですが、これは読んでいませんでした。ぜひ読みたいです。(2006/07/20)
  • 暗号ミステリー傑作選

    【著者】レイモンド・T・ポンド編 宇野利泰訳

    ソーンダイク博士(オースチン・フリーマン)のファンなので、1票を投じます。(2006/07/20)
  • 毒薬ミステリー傑作選

    【著者】レイモンド・T・ポンド編

    ソーンダイク博士(オースチン・フリーマン)のファンなので、1票を投じます。(2006/07/20)
  • オバケのQ太郎 全12巻

    【著者】藤子不二雄

    オバQは日本の文化であり、オバQは日本人としてカウントすべき存在である。スパイダーマンは「あなたの親愛なる隣人」をキャッチフレーズにしていたが、オバQは「親愛なる友人」である(すべての日本人にとって)。(2006/07/20)
  • タイム・リープ あしたはきのう

    【著者】高畑京一郎

    山本弘が「トンデモ本?違う、SFだ!」で褒めてました。「時をかける少女」をモデルにし、「時かけ」より出来がいいそうです。「青は藍より出でて、藍より青し」というところでしょうか。未読なので読んでみたいです。(2006/07/19)
  • ゴーゴー悟空

    【著者】成井紀郎

    アニパロマンガ。頭部が下駄の「ゲターロボ」と、同じく雪駄の「セッターマルス」は忘れられません(セッターマルスの元ネタは、アトムのリメイクの「ジェッターマルス」)。(2006/07/17)
  • 大鉄人17

    【著者】原作・石ノ森章太郎 画・土山よしき・他

    オリジナルストーリーで、ブレインがネズミを大量発生させるエピソードがありました。1話完結だったのですが、完成度が高く、(TVも含めて)17を代表する話に仕上がってました。(2006/07/17)
  • グリングラス 全4巻

    【著者】石ノ森章太郎

    クライマックスを見逃したので、ぜひ読みたいです。(2006/07/17)
  • 仮面ライダー

    【著者】山田ゴロ(原作:石森章太郎)

    「きゃあっ、バケモノ!」
    「バケモノ?」
    1号ライダーは、少年を救った。だが、少年の口からほとばしったのは感謝の言葉ではなく、恐怖の叫びだった。ライダーは逃げるようにサイクロンを走らせた。
    「そうかもしれん。俺はもう人間ではないんだ。ショッカーめ、ショッカーめ、ショッカーめ!」
    ・・・以上はウロ覚えですが、1巻にこういうやりとりがあり、当時ショックでした。1号ですらこうですから、第3巻のライダーマンは、もっと暗いです。死に方にも、TVより説得力がありました。ぜひ御一読を。
    【追記】徳間書店より、文庫版で全3巻として、2011年7月に復刊されました(「~スーパー1」まで)。未収録分も収録されています。(2006/07/17)
  • 宇宙鉄人キョーダイン(成井紀郎版)

    【著者】成井紀郎

    これあっての「ゴーゴー悟空」ですから。成井氏の代表作では?(2006/07/17)
  • 別版 オバケのQ太郎

    【著者】藤子・F・不二雄 藤子不二雄A 石ノ森章太郎

    「オバQとか好きだからー!」
    それだけで十分ですよね、理由なんて。(2006/07/17)
  • キャンディ キャンディ 愛蔵版 全2巻

    【著者】水木杏子/いがらしゆみこ

    ある人物の死に様が見たい。理由は、その部分が、原作者の意向と違う形で作画されているから。そこに至るまでの流れ、その後の影響を知る為にも、全編読む必要がある。(2006/07/17)
  • 石器時代から来た男

    【著者】エドガー・ライス・バローズ

    「ターザン外伝」、というか「引退後」のエピソード(文明化してカンが鈍っている)。息子のジャックも初登場(誕生)。ターザン史的に重要です。「ルータ王国の危機」の第1部と第2部の間のエピソードでもあります。バローズファンなら買い。
    【追記】10万年の時を超える悲恋。転生と純愛。(2006/07/17)
  • 37の短篇

    【著者】早川書房編集部

    バローズとF・ブラウンのファンなので復刊希望。(2006/07/17)
  • リュウ 全7巻

    【著者】尾瀬あきら 矢島正雄

    原作つきですが、後のインタビューでは「俺がほとんど考えた」と言っていました。連載時、時おり読んでいましたが、タイムスリップものとして、良い出来だったと思います。ぜひ復刻して下さい。(2006/07/17)
  • 失われた大陸

    【著者】エドガー・ライス・バローズ

    ええと、「由緒ある××帝国の末裔の王女」が、「猛獣に追われて」、「半裸で逃げ惑う」ので「ヨーロッパでは不評」、という作品でしたよね?ページも少ないし、単独での復刻は難しいのではないいでしょうか?ここは、「他の作品と合本で復刻」と言うのはどうでしょう。「マッカー・シリーズ」とか、「ルータ王国の危機」あたり。
    【追記】反戦小説、管理社会への警鐘、と言う点でも一読の価値有り。(2006/07/17)
  • 密林の謎の王国

    【著者】エドガー・ライス・バローズ

    確かに読んだのですが、中身はまったく覚えていません。バローズの作品なら、(ターザン以外は)すぐにキーワードが思いだせるのですが・・・。そんな訳で復刊希望です。
    【追記】カンボジアの遺跡を探検に来たアメリカ青年が遭難、過去の王朝へタイムスリップし、冒険を繰り広げる。バローズ物にしては珍しく、悪人の一人が改心する。(2006/07/17)

T-POINT 貯まる!使える!