復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧

名探偵ホームズ全集 1

復刊投票時のコメント

全100件

  • ちょっと難しかったんですけど小学生の頃に読みまくっていました。ホームズというキャラクターが非常に魅力的に描かれている作品だと思います。 (2003/08/12)
    GOOD!0
  • 昔、小学校の図書館でポプラ社文庫のホームズシリーズを読み、ホームズの世界にはまりました。
    たぶん、文庫化したのは山中峯太郎さんが訳したホームズシリーズだと思うので、もう一度読みたいんです! (2003/03/04)
    GOOD!0
  • 「良いもの」はやはり早いうちから接した方がいいと思う
    ので。もう遙か昔ですが、きっと私も小学校の図書室で
    読んでいたはずのシリーズです。探偵小説って、古びません
    よね。いつまでも・・・。 (2003/03/03)
    GOOD!0
  • 南洋一郎版の旧ルパン全集30巻は絶版になる直前に購入できたのですが、こちらは入手し損ねています (/_;)。
    できればあの温かみのある装丁を生かした形で出していただければと思います。 (2003/02/27)
    GOOD!0
  • 探偵小説として原作以上の面白さを与えてくれた翻訳を是非よみかえしたい。 (2003/02/23)
    GOOD!0
  • シャーロックホームズが好きなので。 (2003/02/08)
    GOOD!0
  • あの奇想天外なタイトルが懐かしいです。私が小学校で初めて読んだミステリはこのシリーズでした。わが母校は今じゃ過疎化で廃校になり蔵書も行方が知れません。だから尚更もう一度手にとってみたいものです。 (2003/02/03)
    GOOD!0
  • ホームズファンなので (2002/11/19)
    GOOD!0
  • 小学生の頃の愛読書でした。現在発刊されている他社の「ホームズ全集」ではどうしても満足できません。ちょっと原作と違う部分もあったりして、今でも懐かしく思っています。
    あの独特の文体と挿絵が懐かしい!あの全集をぜひもう一度! (2002/10/20)
    GOOD!1
  • 原作のホームズとイメージが違うという批判もあると思いますが、我々の世代は、乱歩・ルパン・『あの「快活な」ホームズ』の3つを読んで育ってきました。自分が子供を育てる立場になった今、是非もう一度じっくり読んでみたいものです。 (2002/10/19)
    GOOD!1
  • 小学生の時に図書館に通ってドキドキハラハラしながら読んだシリーズ。
    他の出版社の本では味わえない素晴らしい翻訳とさし絵が
    もう一度見たいのです。子供に読ませたいので是非復刊していただきたい。 (2002/10/05)
    GOOD!0
  • 現在他社からもホームズ物は発売されているが、30年ほど前に販売されていた山中峯太郎訳の児童向け全集がすばらしい。英国の探偵小説を日本の子供が本当にワクワクしながら読める名訳だと思う。もしかすると大人でも楽しめるかもしれない。同時期に販売されていた「ルパン全集」がまだ本屋に並んでいるので、ホームズも・・ というわけにはいかないでしょうか。 (2002/08/30)
    GOOD!1
  • もっと多くの人にホームズを知ってほしいです! (2002/08/10)
    GOOD!0
  • 小学校のころに、熱中して読みました。ですが、小学校の図書館
    には飛び飛びしかなく、いまだもって全巻読んでいません。
    先日古本屋でたまたま『王冠の謎』のハードカバーを手に入れま
    した。久しぶりに読みましたが、巧みな山中氏の日本語に引き込
    まれました。最高です。ぜひ欲しいです。 (2002/08/06)
    GOOD!2
  • 読んだことがなくて、原作と同じだろうと思っていたのですが、
    すごく面白いらしいことを聞いたので古本屋さんなどを見てみた
    のですが、なかなか見つからず・・・どうせなら新しい本で読み
    たいと思って、小学生の頃読まなくて後悔しています。 (2002/05/03)
    GOOD!1
  • (2002/03/04)
    GOOD!0
  • 「フッフー、プラス一点」がぜひ見たい! (2002/03/04)
    GOOD!0
  • 40才の会社経営者。山中ホームズは、文体、さし絵、装丁と三拍子揃った名作だと思ってます。 残念ながら神田の古本屋や友人の古書店主に聞いても、「なかなか出物がない」とのこと。実家(世田谷・明大前)のそばに貸本屋があり、ここで古くなったのを店頭で売っていて(昭和28年版)、その装丁のよさにしびれたのがファンになったきっかけです。 もちろん「べらんめー調」の内容も、とても気に入ってます。 内容的に復刻しにくい箇所があるとも聞いていますが、一連の手塚マンガのように「ことわり書き」を挿入の上、復刻するという手もあります。 また、『敵中三百里』などの著者・山中峯太郎の本という広告は、65歳~75歳くらいの男性読者もターゲットにできるため、購買層をより多く見積もれると考えています。 (2002/01/28)
    GOOD!1
  • もう一度見てみたいですー!!
    あの時の本を…。 (2001/12/05)
    GOOD!0
  • フッフ~、プラス1票! (2001/11/15)
    GOOD!0

T-POINT 貯まる!使える!