復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
3,300円(税込)

TROPICAL MODERN

永井博

3,300円(税込)

(本体価格 3,000 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:30ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:43 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

  • ステッカー


    復刊ドットコムで『TROPICAL MODERN』を購入すると、先着でステッカー(60×80mm)をプレゼント!
    特典は数に限りがありますので、お早めにどうぞ。

    ≪特典に関するご注意≫

    本商品と予約商品(=未刊行商品)を同時にご注文いただく際、「まとめ発送」を指定されると、システム上、特典付きの商品をお届けできない場合がございます。
    特典をご希望の場合は「分割発送」をご指定いただくか、2度に分けてご注文ください。



    お待たせ致しました! 待望の重版決定!!
著者 永井博
出版社 復刊ドットコム
判型 294×225mm・上製
頁数 48 頁
ジャンル エンタメ

商品内容

永井博が描く、“建物”のある風景。
初収録作品を含む大判サイズの作品集が、この夏待望の刊行!


不朽の名盤『A LONG VACATION』(大滝詠一)のジャケットワークを始め、数々のレコードジャケットや広告などで、70年代から活躍を続ける人気イラストレーター・永井博。
シュールレアリスムとポップ・アートが混在するかのような独特の作風は、70年代初頭の40日間におよぶアメリカ旅行、故郷の駅前通りに林立するヤシの木の情景などと相まって、徐々に永井の中で形作られていったと言います。

色鮮やかでクリアな、見た人が瞬時に季節や解放感を感じることのできる作品の数々は、国内外、老若男女問わず、時代を象徴するビジュアルとして人々の記憶に刻まれています。2022年においても、「U.S.ORIGINATOR」スペックのオールスターとのコラボレーションモデルや、宮崎カーフェリーへのビジュアルイラスト、ユニクロとのUTコレクション企画などで、その特徴的なイラストを改めて目にされた方も多いのではないでしょうか。

当サイトのみで限定的に販売された、本書の刊行記念アイテム【TROPICAL MODERN POSTER side-A】【TROPICAL MODERN POSTER side-B】も、イベントでの販売用を残し即完売。その存在感はとどまるところを知りません。

そんな永井博が長年テーマに描いてきたのは、人気のプール、車や人、夜景… などですが、一方で「建物」をモチーフとした作品も数多く描かれ続けてきたことはご存じでしょうか?
今回の新刊作品集『TROPICAL MODERN』では、近年に描かれた作品をメインに、これまでに描かれた建物のある風景にフォーカスした作品を精選しました。
ブックデザインは、ヨックス(Yoxxx)氏が、ポスターに続いて担当します。

自身も大の建築・建物好きという永井博。
そのフィルターを通すことで、憧れの情景は唯一無二の作品となり、本書全体を洗練された魅力で彩ります。

コロナと向き合う私たちが、テレワークの普及などによって、居住空間としての家、建物のあり方を見直すことにもなった昨今、画集初収録となる貴重な作品も含め、あなただけの理想の一枚をぜひ本書の中から見つけてみてください。

▼本書の仕様
294×225mm・上製・48ページ

▼著者プロフィール
永井博(ながい ひろし)
1947年12月22日、徳島市生まれ。
グラフィックデザイナーを経て、1976年よりイラストレーターとして活躍。
大滝詠一の「A LONG VACATION」「NIAGARA SONG BOOK」などのレコードジャケットや広告ビジュアルは、今もなお語り継がれているほか、現在も幅広く愛される普遍的な作品を生み出している。
DJ・音楽評論など、多岐にわたる活動も展開。

(c)永井博 2022

≪特報≫

2022年7月16日(土)より、代官山 蔦屋書店にて大規模な展示会の開催が決定!
※詳細はお店HP等をご確認ください。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全1件

  • TROPICAL MODERN

    復刊ドットコムから発売されている永井博の画集を数持っています
    『NITE FLYTE』『FAVORITE』の2つで
    本のサイズは真四角で片手サイズでした。
    手頃に画集を見れ、1歳の子供も絵本感覚でみていましたが、今回のTROPICALMODERNは雑誌サイズです。

    まず表示の絵がとても魅力的です。
    内容ですが室内から見る景色や、敷地内から見た建物などが多く、2022年の酷暑やコロナで思うように行動が出来ない時ですが部屋を涼しくして画集を眺めていると爽やかな気持ちになれます。
    少し残念なのが今回雑誌サイズの縦長規格なので絵を1ページ内に収めるのが難しかったのか、見開きに1枚の絵が配置されていて右ページに7割、左ページに3割と余白7割のようなデザインが大半を占めています。
    大きく永井博さんの絵を楽しめるのは良いですが、どうしても見開きにアシンメトリーな配置が気になります、少しだけ残念だなぁっと思ってしまいました。

    ですが永井博さんの絵の魅力は存分に楽しめるので素敵な画集です (2022/07/09)

    GOOD!2
  • レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!