復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

大きな森の小さな家 大草原のローラと西部開拓史

ちばかおり

1,980円(税込)

(本体価格 1,800 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:18ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

著者 ちばかおり
出版社 新紀元社
判型 A5
頁数 144 頁
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784775318775

商品内容

「大草原の小さな家」現地写真から当時の暮らしをひもとく貴重な1冊

アメリカの開拓時代を少女の目を通して描いた『大草原の小さな家』シリーズは、原作者であるローラ・インガルス・ワイルダーが、自身の思い出をみずみずしい感性で綴った自伝的作品である。NHKの海外テレビドラマで人気を博した『大草原の小さな家』の原作としても知られている。
ローラが生まれた1867年は、アメリカが南北戦争(1861-65)を経て、ようやく一つの国家として近代化へ向けて歩み出していた。1860年代から90年代は、多くのアメリカ人がフロンティアに目を向け、土地と成功を求めて拳って西へと向かった西部開拓時代である。
ローラたちもそうした開拓民の一家であった。両親に連れられて、ローラは西へ西へと進んでいった。アメリカ中西部の激しい気候、災害、そして飢えに苦しみながら、家族で力を合わせてたくましく生きる彼らの姿は、多くの日本人の共感を得た。ローラが体験してきた出来事は、一アメリカ人家族の思い出を越えて、開拓時代のアメリカの歴史と重なっていく。
本書では筆者が撮りためた現地写真と取材を元に、ローラの目を通してアメリカの歴史に光を当て、同時に当時の暮らしをひもといていきたい。(本書「はじめに」より)

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!