復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

【バーゲンブック】軍艦島 -眠りのなかの覚醒

雜賀雄二

1,650円(税込)

(本体価格 1,500 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:15ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

販売再開時にメール通知を希望

お気に入りに追加

※当商品は、バーゲンブックです。

◎バーゲンブック(自由価格本)とは、出版社の倉庫に在庫されていた本を非再販本として出庫するものです。アウトレット本とも呼ばれます。 リサイクルブック(中古本・古書)ではありません。
◎出版社は、自由価格本に指定した商品を通常の新本として扱うことはありません。
◎バーゲンブックには、非再販本である旨を明記するため、シール貼付・捺印・罫線引きなどの処置がなされています。また、商品の性質上、若干の汚れやキズがある場合がございます。これらに起因する返品や交換はお受けできません。あらかじめご了承ください。
著者 雜賀雄二
出版社 淡交社
判型 B5変
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784473019875

商品内容

「バーゲンブック・フェア 2020年7月」対象商品。
通常税込定価:3,300円のところを50%OFFでご提供いたします。数に限りがございますので、お早めにどうぞ。


長崎県端島(通称 軍艦島)は、かつて炭鉱として栄えたが、1974年に閉山後、無人島となった。
当時のまま残る建物の朽ちた風景が、一種幻想的な世界と化し、最近はクルージングで上陸ができるようになって話題をよんでいる。本書はその廃虚の美をとらえた写真集。年表や図面など資料も充実。

▼目次
作品
奇妙なモノたち(笠原美智子)
追想・軍艦島
眠りのなかの覚醒

▼著者プロフィール
雑賀雄二(さいが りゅうじ)
1951兵庫県に生まれる。1971愛知県立芸術大学デザイン専攻に入学する。デザイナーになるつもりが、写真の面白さに取り憑かれ、在学中に写真を独学。1973大学の3年次より写真に専念する。長崎県下のカトリックの人々の土地を訪ね、写真を撮り始める(1984年まで)。1976愛知県立芸術大学を卒業する。写真家、デザイナーとして仕事をする。名古屋造形芸術短期大学の非常勤となる(1979年まで)。1989愛知県立芸術大学美術学部、非常勤講師となる(1999年まで)。2002東京綜合写真専門学校、講師となる。1976桑原賞、1987芸術選奨・新人賞受賞(写真集「軍艦島-棄てられた島の風景」に対して)

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!