復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

【バーゲンブック】ラジカセ for フューチャー

松崎順一 著 / 熊谷朋哉 編

1,265円(税込)

(本体価格 1,150 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:11ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

※当商品は、バーゲンブックです。

◎バーゲンブック(自由価格本)とは、出版社の倉庫に在庫されていた本を非再販本として出庫するものです。アウトレット本とも呼ばれます。 リサイクルブック(中古本・古書)ではありません。
◎出版社は、自由価格本に指定した商品を通常の新本として扱うことはありません。
◎バーゲンブックには、非再販本である旨を明記するため、シール貼付・捺印・罫線引きなどの処置がなされています。また、商品の性質上、若干の汚れやキズがある場合がございます。これらに起因する返品や交換はお受けできません。あらかじめご了承ください。
著者 松崎順一 著 / 熊谷朋哉 編
出版社 誠文堂新光社
判型 AB
頁数 175 頁
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784416716137

商品内容

「バーゲンブック・フェア 2019年11月」対象商品。
通常税込定価:2,530円のところを50%OFFでご提供いたします。数に限りがございますので、お早めにどうぞ。


世界的に、ラジカセとカセットテープへの熱い視線が集まっている。
ラジカセの中古市場価格は高騰し、レコードショップではアナログに続いてカセット売り場が新設され、また、世界各地にカセットテープ専門店が新たに出現。
人気ミュージシャンたちもこれまでのCDやダウンロードに加え、カセットでのアルバムリリースを行い始めた。

デジタル全盛の中、ラジカセやカセットテープというアナログなカルチャー/テクノロジーへの注目はなにを意味しているのか?
このブームの日本における仕掛け人のひとり、松崎順一(家電蒐集家)を中心に、2016年、最も新しいものとしてのカセット/ラジカセの現在と未来とを明らかにする。

▼著者プロフィール
松崎 順一(まつざき じゅんいち)著/文/編集
松崎 順一:家電収集家、そしてデザインアンダーグラウンド工場長。1960年東京生まれ。2002年にデザイン会社を退職し、2003年にデザインアンダーグラウン ドを設立。東京・足立区内にファクトリーを構える。日本製ラジカセやレトロ家電の魅力を伝える“レトロフィッター”として、主に1970年以降の近代工業 製品を発掘・蒐集し、整備・カスタマイズしてイベントやアート展を企画。

熊谷 朋哉(くまがい ともや) 編集
熊谷 朋哉:編集者、プロデューサー。株式会社スローガン代表取締役。アート/音楽系の書籍や広告/イベント/展覧会等を数多く手がける。編著書に『Yellow Magic Orchestra×SUKITA』『四代目 市川猿之助』『坂本龍一+編纂チーム/いまだから読みたい本・3.11後の日本』『デヴィッド・ボウイ・アーカイヴ』『中西俊夫自伝/プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力』、展覧会に『Time ? David Bowie by Masayoshi Sukita』等多数。

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!