1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『象牙色の嘲笑 新訳版(ロス・マクドナルド 著 / 小鷹信光 松下祥子 訳)』 販売ページ

象牙色の嘲笑 新訳版

象牙色の嘲笑 新訳版

  • 著者: ロス・マクドナルド 著 / 小鷹信光 松下祥子 訳
  • 出版社: 早川書房
  • 判型: 文庫
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 1,080 円 (税込)
    (本体価格 1,000 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 10ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

ハードボイルド研究の第一人者、
小鷹信光が最後に翻訳を手掛けた私立探偵小説の金字塔。


海外ミステリ研究の第一人者、小鷹信光による新訳で傑作が甦る!
私立探偵のリュウ・アーチャーは怪しげな人物からの依頼で、失踪した女を捜し始めた。ほどなく、その女が喉を切り裂かれて殺されているのを発見する。現場には富豪の青年が消息を絶ったことを報じる新聞記事が残されていた。二つの事件に関連はあるのか? 全容を解明すべく立ち上がったアーチャーの行き先には恐ろしい暗黒が待ち受けていた…。
錯綜する人間の愛憎から浮かび上がる衝撃の結末。巨匠の初期代表作、新訳版。

▼著者紹介
ロス・マクドナルド
1915年アメリカ合衆国生まれ。大学卒業後、1944年から46年まで海軍に勤務。1944年に小説家デビュー。1949年以後、私立探偵リュウ・アーチャーを主人公とした作品を中心に発表。1964年に『さむけ』(早川書房刊)でCWA(英国推理作家協会)シルヴァー・ダガー賞、1974年にMWA(アメリカ探偵作家クラブ)巨匠賞を受賞。ダシール・ハメットやレイモンド・チャンドラーと並んでハードボイルド小説を代表する作家とされ、後世のミステリ作家に多大な影響を与えた。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/03/16
『象牙色の嘲笑 新訳版』(ロス・マクドナルド 著 / 小鷹信光 松下祥子 訳)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る