1. TOP
  2. ショッピング
  3. コミック・漫画
  4. 『昭和一代女 《カラー完全版》(梶原一騎 原作 /上村一夫 絵)』 販売ページ

昭和一代女 《カラー完全版》

昭和一代女 《カラー完全版》

  • 著者: 梶原一騎 原作 /上村一夫 絵
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • 判型: A5・並製
  • 頁数: 260 頁
  • ジャンル: コミック・漫画
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 17 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 3,024 円 (税込)
    (本体価格 2,800 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 28ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

ついに、復刊実現!!
巨匠二人の唯一のコラボ。奇跡の名作劇画が、33年ぶりに《カラー完全版》で復活!!


「あしたのジョー」「巨人の星」「タイガーマスク」など数々の大ヒット名作で知られる、
日本漫画文芸史上の巨星・梶原一騎(=原作)
“昭和の絵師”と謳われ、「同棲時代」「修羅雪姫」「しなの川」などの名編で、
男女の愛憎を美的に描き続けた上村一夫(=絵)
この二人の天才が、生涯で唯一コラボレーションした伝説的名作が、本作「昭和一代女」です。

1977年の雑誌連載後、翌78年にたった一度単行本化されたきり、長らく“幻の名著”となり、
古書市場でも高プレミア化したため、一般にはほとんど読むことができませんでした。
当社(復刊ドットコム)独自の「復刊リクエスト」でも高得票を得ていた同作品ですが、
このたび上村オフィスにて、良好な状態でオリジナル原稿の所在を確認。
美しい4色カラーページをふんだんに使用した初の《カラー完全版》として、
実に33年ぶりに、ファン熱望の復刊が決定しました!


反骨の評論家と柳橋の名妓の間に生まれた美少女・鷹野翔子が、戦中戦後の激動の波に
揉まれながら、屈辱を乗りこえ、ひとりの女として凛とした変身をとげる。
全編にただよう、妖しいエロティシズム。壮絶の大ロマン。
梶原一騎ならではの骨太でダイナミックなストーリーと、上村一夫ならではのフェティッシュで美麗な絵が
絶妙にマッチしたこの奇跡の傑作は、平成の今も、読む者の心をわし掴みにして離しません。
梶原・上村ファンはもちろん、漫画・劇画ファンなら絶対に見逃せない一冊です!!


◆イメージ画像:(クリックで拡大します)
昭和一代女 イメージ1昭和一代女 イメージ2昭和一代女 イメージ3昭和一代女 イメージ4昭和一代女 イメージ5


◆復刊ドットコムに寄せられたリクエストの一部です。
「原作者、作画、どちらのファンでもあるので必読」
「アクとパッションで押しまくる梶原原作と、水のようにサラリとした上村画風がパズルみたいにはまった佳作。体言止めでビシッと決まるモノローグ。『よしなに…』なんていうセリフもこの漫画で覚えた」
「すきだーーーーーーー」
「梶原氏の作品の中で最も良いものの一つではないかと思います。上村氏の絵もすばらしく、漫画という枠を超えてとてもよい作品」
「古本は高くて無理なので、復刊して欲しい!」
「中古市場に出ても信じられないくらい高値がついています。ぜひこの名作を復刊して下さい」
「いつまでも待ちます」
「濃いマンガがなくなっている、今だからこそ!」
「梶原作品なのでとにかく欲しい」
「梶原一騎に上村一夫とくれば、読みたいに決まってます!」
「上村一夫の描く女の強さに惹かれます」
「上村マンガは全部復刻すべき。なんでこんないいものに出会えない世の中なんですかねえ」
「上村漫画を読んで毎日が楽しくなったから。色々なことに興味やわびさびを感じるようになった」
「お願いします…読ませて下さい。それだけです!」

読後レビュー(1件)

  • 翔子!

    TATUTA 2011/08/16

    主人公の少女「鷹野翔子」そのきっぷたるや颯爽たるもの。
    ナイフやソフトボールをアンダースローで投げる姿の雄々しさ。
    愚連隊少年のようでいながら、母娘二代で日陰で義を通す娘心。
    戦後の混乱期から、赤坂芸者へと生き抜いてゆくヒロインに、
    読者は思わず心からの応援歌を贈ること間違いなし。
    カラー満載の祝復刊!

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(48件)

この作品は当時講談社が小学館「GORU」を模して創刊された「Apache」に連載されたものですが、講談社がわが大型アダルトグラフ雑誌戦争に敗れあえねなく廃刊の憂き目に遭った雑誌に連載されたものです。そして作品も未完に終わっています。本は講談社KCコミックスとして、いくぶん厚めの新書型の本として刊行されました。 欲しいですね、懐かしいですね。 (2009/12/19)

1

お願いします・・・ 読ませて下さい。 それだけです。 (2009/06/14)

0

読みたいですね (2008/05/12)

0

読みたいです (2007/08/03)

0

アクとパッションで押しまくる梶原原作と水のようにサラリとした上村画風がパズルみたいにカッチリはまった佳作と(おぼろげに)記憶しています。体言止めでビシッと決まるモノローグの連続が心地よかった。「よしなに…」なんていうセリフもこの漫画で覚えたんだよなー。 (2007/02/28)

1

もっと見る

ニュース

2011/06/14
『昭和一代女 《カラー完全版》』復刊決定!
2011/06/14
『昭和一代女 《カラー完全版》』(梶原一騎 原作 /上村一夫 絵)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

昭和に関するQ&A

50年くらい前のマンガのタイトルを知りたい

約50年くらい前のマンガだと思います。 雑誌じゃなくて、貸本で読んだような記憶があります。 主人公は小学生くらいの女の子で、ひとりで縄跳びをしています。 33回だったか、続けて飛ぶと反世界?に移動...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る