1. TOP
  2. ショッピング
  3. コミック・漫画
  4. 『復讐記〔完全版〕+影丸穣也短編集(梶原一騎 影丸穣也)』 販売ページ

復讐記〔完全版〕+影丸穣也短編集

復讐記〔完全版〕+影丸穣也短編集

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

原作アレキサンドル・デュマ―『モンテ・クリスト伯』―
妬み・偽り・謀略・裏切り・慟哭・怒り・怨念・復讐そして悲哀……!
梶原一騎&影丸穣也コンビが臨場感あふれる復讐劇の古典を演出する!!

影丸穣也 短編作品『墓場からきた男』『巨人面』を同時収録!!


あらすじ
19世紀初頭、フランス――。新船長の地位、美しい婚約者、若き船乗りエドモン・ダンテスは幸福の絶頂にあった。だが突如として身に覚えのない嫌疑をかけられ『棺桶の島』シャトー・ディフに押し込められる。絶望の極致を味わうダンテスは、脱獄と学問に情熱を傾けるファリア司祭と出逢い、学問に希望を見出す。投獄されてから14年……司祭の指摘のもと三人の友人と検事によって罠に掛けられたことを悟ったダンテスは、奇跡的な脱獄を成功させた!そして司祭より譲り受けた知識と教養、金銀財宝を武器に、彼を絶望と悪夢のどん底へ追いやった人々への復讐を開始する!!

解説
無実の罪を着せられたエドモン・ダンテスは牢獄の中、絶望と悪夢の淵にいた。奇跡的な脱獄を成し遂げ、財宝を手にしたダンテスは、彼を陥れた者たちへの復讐を誓い“モンテ・クリスト伯”と名乗り、パリの社交界に現れた――!!

―フランスの文豪 アレクサンドル・デュマの代表作『モンテ・クリスト伯』を劇画化―
壮大な復讐劇の古典作品を漫画誌紙上に再現したのは、後年『空手バカ一代』『巨人のサムライ炎』などでコンビを組んだ梶原一騎と影丸穣也。彼らは1968年に「週刊少年マガジン」でメルヴィルの『白鯨』を短期連載しており、古典の劇画化は本作で二作目となる。スポーツや格闘技を題材に気合や根性を克明に描写する梶原一騎が、主人公エドモン・ダンテスの慟哭と
怒りを表現し、影丸穣也は臨場感と緊迫感あふれる劇画で1コマごとに力強さを感じさせる……。それが1969年「週刊少年キング」で連載された『復讐記』である。今回の復刻では影丸穣也の短編『墓場からきた男』『巨人面』を併録した。原作の魅力を損なうことなく読者の心を揺さぶる一作品だ。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2007/03/26
新刊!梶原一騎 影丸穣也『復讐記〔完全版〕+影丸穣也短編集』

この商品は現在ご購入いただけません。販売再開時にメールを受け取る購入希望の登録が可能です。

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る