復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊ドットコム相談室

あの本のタイトルが知りたい

  • 2019/12/24(返答 0件)

    受付中

    損料屋を切り盛りする少女の話

     ここ10年ぐらいに読んだ文庫本なのですが、その後2巻目が出ている様で、続きが読みたくて探していますが、タイトルも作者も忘れてしまいました。
     時代小説で、両親を亡くした少女が、新進気鋭の商人に認められ、彼の経営するお店の支店の切り盛りを任されて成長していく物語です。お店は損料屋(今のレンタルショップの様なもの?)で、少女は、算術の知識があったかも。また、あやかしだか幽霊とか不思議なものををみる事ができる能力があった気がします。有名な畠中恵さんの『つくもがみ貸します』ではありません。
     1つだけ覚えているエピソードは、悪人に対しては恐ろしい顔に変わってしまう雛人形の話です。損料屋の豪華な商品を借りて高位の武家に化けた詐欺集団が、その雛人形を借りると人形は世にも恐ろしい顔になっており、苦肉の策で、雛人形の顔を紙で覆い、「武家以上の身分でないとこのお雛様の顔を見てはいけない。」と詐欺のターゲットの商人たちをごまかしてたというものです。php文庫だった気がしたので探してみたのですが、それらしいものは探し当てる事はできませんでした。
     どうぞ宜しくお願い致します。

関連キーワード

キーワードの編集

次の画面へお進みください

この質問に回答する

T-POINT 貯まる!使える!