1. TOP
  2. 復刊ドットコム 特集・企画
  3. 今月のリクエスト企画 (2018年9月メルマガ掲載分)

2018年09月06日

今月のリクエスト企画 (2018年9月メルマガ掲載分)


今月のリクエスト企画 (2018年9月メルマガ掲載分)
  • ジョン・レノン家族生活
  • アステカの少女
  • 熱帯樹
  • 心霊探偵オカルト団 全2巻

復刊ドットコムスタッフがオススメする復刊リクエストタイトルをご紹介します。
あなたが投票した作品の復刊が実現した場合、その商品を当サイトで購入すると
Tポイントが5倍になります!
詳しくは、「ダブルボーナスプログラム」のページをご確認ください。
皆さまからのたくさんのリクエスト、お待ちしております!

おすすめの復刊リクエスト

ジョン・レノン家族生活

得票:28票

ジョン・レノン家族生活

著者: 西丸文也 写真
出版社: 小学館

すべての音楽活動を休止し、ハウス・ハズバンド(主夫)に専念した沈黙の3年間の家族生活を収めたジョン・レノン一家の貴重な写真集です。
東京、アメリカで過ごしたプライベートなスナップ写真、カラー図版を収録。巻頭には、1979年に記された「ジョンとヨーコからのラブレター」も添えられています。
本書から、ジョンとヨーコの家族愛と平和を願う気持ちが伝わってきます。

【リクエストコメントより】
ジョン・レノンが亡くなったのは中2の時でした。その時はただ悲しんでいました。 今自分が親になってみて、ジョンがショーンに対して父親としてしたことに触れるたび、胸が熱くなります。 ショーンも今月アルバムを出すとのこと、ぜひこの本も復刊してほしいです。


ジョン・レノンという人物は、複雑な超多角体のようなもの。様々な角度から研究することで、やっとその魅力に到達できるように思います。他書では見られない姿を見られるこの本には、それだけに存在意義があります。これからも広く人の眼に触れるよう祈ります。

投票する

アステカの少女

得票:35票

アステカの少女

著者: 畑山博
出版社: 旺文社

メキシコシティで父親と暮らす勝男と、457年前のアステカ王国の記憶を持つインディオの少女 ヒコの物語。1977年刊。挿絵の画家である司修氏は、作品世界を余すところなく表現するために、現地取材をしたといいます。大人でも十分楽しめる児童書です。
今では入手困難となり、古書市場ではプレミア価格で売買されている本書に、多くの復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
この本の存在は知らなかったのですが、他の方々のコメントを拝見して是非読んでみたいと思いました。 ストーリーもさる事ながら、司修さんの挿画というところが大変魅力的です! 復刊を心から希望しています。


小学4年生の頃、学校の図書室で見つけ、何度も何度も借りて読みました。細かいストーリーは忘れてしまったけれど神秘的で不思議な吸引力を持った本でした。読んでいて鳥肌が立ったのを覚えています。 いまもう一度読んで、あの不思議な感覚をもう一度味わってみたいのと、同じく4年生になった娘にぜ...

投票する

熱帯樹

得票:84票

熱帯樹

著者: 三島由紀夫
出版社: 新潮社

財産を守ることにしか関心がなく妻を支配する夫。莫大な資産を狙い息子に夫を殺させようとする妻。その計画を知った娘が兄に母を殺させようとする。滅びゆく家族の物語。三島氏の代表作『サド侯爵夫人』と並んで、ヨーロッパのフランス語圏で最も頻繁に上演されている戯曲です。日本でも来年2月に林遣都さん主演で舞台化の予定があり、注目を集めています。

【リクエストコメントより】
林遣都さんが、来年この作品の舞台に出演されるという事を知り、是非原作を読みたいと思いましたが、既に単行本は絶版。全集を購入するには中々のお値段とサイズとで悩んでいたところ、こちらのサイトの存在を知りました。あまり舞台を観たことがない私の様な者からは、戯曲という、ただでさえ手に取りに...


来年舞台で熱帯樹が上演されると知り、書店に問い合わせたところ文庫本は絶版と言われ、図書館にて三島由紀夫全集第23巻を借りて読みましたが、手元に置いておきたいと思い文庫本の復刻を強く望んでいます。

投票する

心霊探偵オカルト団 全2巻

得票:20票

心霊探偵オカルト団 全2巻

著者: 高円寺博 原作 / 永井豪 石川賢 画
出版社: 大都社

5人の少年少女からなるオカルト団が、現代の科学では解明できない数々の不思議な事件に立ち向かう。お色気やギャグを交えた一話完結型の中・短編が中心の作品。「週刊少年キング」で、1975年から1976年まで連載されていました。現在は入手困難となっていることもあり、多くのアクセスを集めています。

【リクエストコメントより】
子供のころ、「ワイルド7」は単行本で買えるのに、なぜ「心霊オカルト探偵団」は売っていないんだろう?と疑問に思ったことを、この復刊のDMを見て思い出しました。今考えると、単純に近所の本屋には置いてなかっただけなのかもしれませんが、単行本が実在する、となると読んでみたいですね。


ハチャメチャでもちろんお色気タップリのなホラーギャグだった かと記憶していますが、最後まで拝見しておりませんので是非復 刊をお願いいたします!こういうジャンルこそ永井・石川両先生 の本領(特に石川先生)ではないでしょうか。

投票する

T-POINT

Tポイントキャンペーン
「ダブルポイントプログラム」実施中
投票タイトルを購入:ポイント5倍
※事前にTポイント利用手続きが必要です。

スケジュール

投票受付スケジュール
投票受付:投票期限はありません
※必ずしも復刊をお約束する企画ではございません。

TOPへ戻る