1. TOP
  2. 復刊ドットコム 特集・企画
  3. 今月のリクエスト企画 (2017年11月メルマガ掲載分)

2017年11月02日

今月のリクエスト企画 (2017年11月メルマガ掲載分)


今月のリクエスト企画 (2017年11月メルマガ掲載分)
  • かっぱのねね子
  • ふしぎなえぷろん
  • 少女革命ウテナ脚本集 上・下
  • 宇宙戦艦ヤマト大図鑑

復刊ドットコムスタッフがオススメする復刊リクエストタイトルをご紹介します。
あなたが投票した作品の復刊が実現した場合、その商品を当サイトで購入すると
Tポイントが5倍になります!
詳しくは、「ダブルボーナスプログラム」のページをご確認ください。
皆さまからのたくさんのリクエスト、お待ちしております!

おすすめの復刊リクエスト

かっぱのねね子

得票:139票

かっぱのねね子

著者: こうの史代
出版社: の乃野屋(自費出版)

日常の生活を自然体で描く作風に定評がある、こうの史代。『この世界の片隅に』の映画化をきっかけに、一躍脚光を浴びる存在となりました。
そんな彼女が、2001~02年に月刊誌「おおきなポケット」で連載していたのが本作。見開き2ページ×全12回の作品を全28ページの同人誌として刊行したものの、今ではかなり入手困難なレアアイテムに…。復刊リクエストが急激に伸び続けています。

【リクエストコメントより】
こうの史代作品の単行本 はすべて持っていますが、 同人誌は持っていないので ぜひ復刻して欲しいです!


やはり同人誌は手に入れるのが難しく読める機会も中々ないので復刊してくれればありがたいです 今なら私のようにこの世界の片隅にを映画で知り、こうの先生の漫画の素晴らしさを知ったファンが多くいると思いますので待ってる人も多いと思います 困難な道のりだと思いますがよろしくお願いいたしま...

投票する

ふしぎなえぷろん

得票:36票

ふしぎなえぷろん

著者: 谷真介 作 / 小出保子 絵
出版社: あかね書房

ケーキ屋さんのくじ引きで当たった不思議なエプロン。これをつけると、なぜかケーキが作りたくなり、しかもとても美味しく仕上がるのです。
このエプロンを洗濯して干しておいたら風に飛ばされてしまい、森に住むリスの元へ。すると今度は、それを身につけたリスのお母さんもケーキを作りたくなって… という、ほのぼのとしたストーリーの児童書。1978年刊。
「子どもの頃読んだ本の中で、これが一番好きだった」という声も多く、おもに30~40代の女性の方から、復刊リクエストがたくさん寄せられています。

【リクエストコメントより】
幼稚園児だった頃に出会いました。優しい絵、美味しそうなケーキ、今でも覚えています。大好きな絵本でした。娘が生まれたのでぜひ読んであげたいと探してみたところ、絶版になっていてショックです…。復刊、心からお待ちしています!


30年以上前の私が小学一年生の時、初めて読書感想文で書いた本でした。何故か学年の一人に選ばれ、学校の文集に巻頭で載せられた記憶があり、私の娘にも読ませようと思って検索したら絶版とは…!内容は殆ど覚えていないのですが、ヒラヒラ舞うエプロンを探しにゆく光景が、柔らかくほのぼのと描かれて...

投票する

少女革命ウテナ脚本集 上・下

得票:59票

少女革命ウテナ脚本集 上・下

著者: 榎戸洋司
出版社: 徳間書店

1997年にTV放映されて以来、今もなおファンから熱い支持と高い評価を受け続けるアニメ「少女革命ウテナ」。その脚本の中から、榎戸洋司が手がけた作品17話を所収したのが本書です。1998年に上・下2巻の文庫で刊行されました。
今年(2017年)は、20周年というメモリアルイヤー。新たなブルーレイBOXが発売されたり、百貨店で記念展が催されたりと盛り上がりを見せる中、今では入手困難な本書に復刊を希望する声が多数寄せられています。

【リクエストコメントより】
社会人になりたてのころ、戦闘少女の評論集でウテナのアニメ評論を読み、借りたビデオテープを(当時自宅にテレビがなかったので)実家や知人宅で見てどハマりしました。 その後DVDを購入し、関連書籍も数冊買いましたが、こちらは入手できませんでした。年々読書もアニメ鑑賞もペースが落ちて来て...


昔アニメが好きで脚本集を購入し、何度も読んでボロボロになっていた記憶があります。何度か引っ越すうちに紛失してしまったようで、どうしてももう一度読みたいです。 アニメそのものとは多少ことなる脚本で、そこがまたよいです。個人的には「アニメ文学」の傑作のひとつだと思っています。 また...

投票する

宇宙戦艦ヤマト大図鑑

得票:138票

宇宙戦艦ヤマト大図鑑

著者: スタジオぬえ
出版社: 朝日ソノラマ

TVアニメ版『宇宙戦艦ヤマト』(第1作)の放映開始後まもなく、同作のメカニックデザインを担当したスタジオぬえにより刊行された、ソノシート付きの図解本。1974年刊。わずか40ページ弱ながら、本書でしか見ることのできないカラーイラストを多数収録した、ファン垂涎モノの貴重な一冊です。
いまや古書市場に出回る機会も滅多にない、かなりレア度の高い本書に、多くの復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
宇宙戦艦ヤマトの放送中に発行された書籍であり、キャプテンハーロックなど、39話が26話に短縮される前の、ヤマトの本来の物語をうかがうことができるものと思っています(読んだことがないので、あくまで推測ですが・・・)。ヤマトの第1話を見た者として、是非復刻していただきたく思います。


ヤマトの魅力いろいろある中で、どうしても惹かれるのは、 当時のアニメの常識を超えたリアリスティックな(当時の、ですよ)メカニクス群です。 M先生おひとりで描かれたと誤解されがちなメカデザインを、ぬえがサポートしていた事実を伝える貴重な一冊ではないでしょうか。

投票する

アストロガンガー

得票:66票

アストロガンガー

著者: 内山まもる 馬場秀夫 浅井まさのぶ
出版社: 小学館 秋田書店

1972年10月、あの『マジンガーZ』よりも早くTV放映された、巨大ロボットアニメのさきがけ的存在である『アストロガンガー』。『チャージマン研!』でもおなじみのナックが制作を担当しています。
ほぼ同時期に「小学一年生」(内山まもる)、「小学二年生」(馬場秀夫)、「冒険王」(浅井まさのぶ)など学年誌・少年誌にも複数のコミカライズ版が連載されていましたが、これらはいずれも単行本化されておらず、“復刊”ならぬ“初単行本化”リクエストが多く寄せられています。

【リクエストコメントより】
近年再評価されつつあるアニメ、アストロガンガー。ロボットアニメのパイオニアとして名高い名作ですが、コミカライズについては余り知名度が無いように思います。 ですが、その内容、資料としての価値は素晴らしい物だとも思います。 再評価の流れが来ている今だからこそ、是非読んでみたいと思っ...


敵も地球人もお互いの事を模索しながら対策を練っていくところ、迫力のあるガンガーの肉弾戦、カンタローとガンガーの掛け合いなど魅力がたくさん詰まっていて好きです。 そんなアニメの漫画版もとても興味があり復刊を希望しています。

投票する

T-POINT

Tポイントキャンペーン
「ダブルポイントプログラム」実施中
投票タイトルを購入:ポイント5倍
※事前にTポイント利用手続きが必要です。

スケジュール

投票受付スケジュール
投票受付:投票期限はありません
※必ずしも復刊をお約束する企画ではございません。

TOPへ戻る