1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『9番目の戦車(ときたひろし)』 投票ページ
  5. 情報提供 著者/絶版情報

情報提供 著者/絶版情報

9番目の戦車

著者の近況や所在、現在絶版になっている特別な理由等ご存知でしたらお知らせください。
また著者と面識があって連絡が取れる方やでご紹介いただける方や、復刊についてご意見をお持ちの著者御本人様からもご連絡をお待ちしております。

必須
必須

著者の近況や所在、現在絶版になっている特別な理由等をご存じであればご記入ください

参考サイトがあればご記入ください

次の画面へお進みください。



9番目の戦車

  • 著者:ときたひろし
  • 出版社:PHP研究所
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2008/09/03
  • 復刊リクエスト番号:43548

得票数
87票

リクエスト内容

日本軍の守備隊の守る南方の孤島が舞台。 

配備されている戦車隊の、戦車の兄弟たちの物語です。 

主人公は、九人兄弟の末っ子、九五式軽戦車のタンクロウ。 

タンク(戦車)の九番目だから、タンクロウというようです。 

タンクロウは小さな軽戦車ですが、兄貴達は大きな重戦車、突撃砲戦車など、錚々たる兄弟です。 

その島へ、突如米軍が上陸して来ます。 

敵は、戦車隊を含む大部隊、到底抵抗できるものではありません。 

勇戦敢闘も空しく、日本軍は遂に撤退を決意します。 

撤退を開始する歩兵部隊、その丸裸の兵士たちへ、米軍戦車隊が迫ります。 

兵隊さんを、戦友を、祖国へ還すんだ! 

兵士たちを護るため、自ら楯となって敵の大戦車隊の前へ立ちはだかる、タンクロウと兄たち。 

壮絶な撃ち合いの大戦車戦が展開、敵の圧倒的な物量の前に、強い兄さんたちも次々と斃れてゆきます。 

遂に、残る一車はタンクロウのみ。 

傍らには、兵士を満載した兵員輸送車が。 

迫る敵の大軍、味方の輸送船まではもう直ぐだ・・・!


TOPへ戻る