1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『われわれ自身のなかのヒトラー(マックス・ピカート 著 / 佐野利勝 訳)』 投票ページ
  5. 情報提供 復刊・重版予定

情報提供 復刊・重版予定

われわれ自身のなかのヒトラー

このリクエスト作品について、
1.新規に復刊・重版された
2.復刊・重版予定がある
3.元々絶版ではなかった
等の情報をお持ちの場合、タイトル/出版社/発行(予定)時期/参考URLなどと合わせてお知らせください。
(出版社が異なるなど完全な復刊でない、厳密には復刊でない場合に関してもこちらからお知らせください)

できる限り情報の入手元(※)をご記入ください。また、刊行予定日はわかる範囲でお知らせください。
(※ 著者や出版社の公式サイト、ニュースサイト、テレビ・雑誌・新聞など)

必須
必須

発売時期をご存知でしたら入力ください。おおよその日にちでも結構です。

10桁もしくは13桁で入力ください。
複数のISBNがある場合は複数回に分けて情報提供をお願いします。

出版社などの刊行情報がわかるサイト情報があれば入力ください。

次の画面へお進みください。



われわれ自身のなかのヒトラー

  • 著者:マックス・ピカート 著 / 佐野利勝 訳
  • 出版社:みすず書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/05/08
  • 復刊リクエスト番号:65106

得票数
0票

リクエスト内容

『神よりの逃走』『沈黙の世界』等、スイスで著述活動を続けた批評家ピカート。第二次世界大戦後まもなく刊行された本書は、ヒトラー政権下のナチス・ドイツ社会を分析、批判しつつ、それを支持していた人間像を描き出す。すなわち20世紀に入り社会状況の変化から支離滅裂な「あたらしい人種」が現われ、独裁者の言葉を受け入れる素地が作られてきたと評価するのである。しかし単に時代の暗黒面を強調するだけではなく、人類の進むべき道をも考察する。独裁者と全体主義といった、古くて新しい問題を考えるうえで省みたい書である。(みすず書房ホームページより)


TOPへ戻る