1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『インドの神と人(ルードルフ・オットー著 立川武蔵、立川希代子訳)』 投票ページ
  5. 情報提供 復刊・重版予定

情報提供 復刊・重版予定

インドの神と人

このリクエスト作品について、
1.新規に復刊・重版された
2.復刊・重版予定がある
3.元々絶版ではなかった
等の情報をお持ちの場合、タイトル/出版社/発行(予定)時期/参考URLなどと合わせてお知らせください。
(出版社が異なるなど完全な復刊でない、厳密には復刊でない場合に関してもこちらからお知らせください)

できる限り情報の入手元(※)をご記入ください。また、刊行予定日はわかる範囲でお知らせください。
(※ 著者や出版社の公式サイト、ニュースサイト、テレビ・雑誌・新聞など)

必須
必須

発売時期をご存知でしたら入力ください。おおよその日にちでも結構です。

10桁もしくは13桁で入力ください。
複数のISBNがある場合は複数回に分けて情報提供をお願いします。

出版社などの刊行情報がわかるサイト情報があれば入力ください。

次の画面へお進みください。



インドの神と人

  • 著者:ルードルフ・オットー著 立川武蔵、立川希代子訳
  • 出版社:人文書院
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2008/02/18
  • 復刊リクエスト番号:41251

得票数
2票

リクエスト内容

名著『聖なるもの』の著者のもう一つの名著!ヒンドゥー教とキリスト教の比較を通して宗教の本質―救済―に迫る古典的著作。

第1章 キリスト教のライバル―インドの恩寵(恵み)の宗教;
第2章 神をめぐる戦い―シャンカラとラーマーヌジャ;
第3章 救済の問題―いかにして達成されるか;
第4章 インドの恩寵の宗教とキリスト教―異なる精神、異なる救い主;
補説(隠れたる神と献信者の神;贖いと贖罪;本源的堕落の理念;同一性神秘主義の同一体験;神は個人的存在〈Privatwesen〉ではない;すべては恩寵から)  
(BOOKデータベースより)

TOPへ戻る