1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『政治における合理主義(マイケル・オークショット)』 投票ページ
  5. 情報提供 復刊・重版予定

情報提供 復刊・重版予定

政治における合理主義

このリクエスト作品について、
1.新規に復刊・重版された
2.復刊・重版予定がある
3.元々絶版ではなかった
等の情報をお持ちの場合、タイトル/出版社/発行(予定)時期/参考URLなどと合わせてお知らせください。
(出版社が異なるなど完全な復刊でない、厳密には復刊でない場合に関してもこちらからお知らせください)

できる限り情報の入手元(※)をご記入ください。また、刊行予定日はわかる範囲でお知らせください。
(※ 著者や出版社の公式サイト、ニュースサイト、テレビ・雑誌・新聞など)

必須
必須

発売時期をご存知でしたら入力ください。おおよその日にちでも結構です。

10桁もしくは13桁で入力ください。
複数のISBNがある場合は複数回に分けて情報提供をお願いします。

出版社などの刊行情報がわかるサイト情報があれば入力ください。

次の画面へお進みください。



政治における合理主義

  • 著者:マイケル・オークショット
  • 出版社:勁草書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/06/23
  • 復刊リクエスト番号:24731

得票数
12票

リクエスト内容

一つの究極目的に結び付けられた人間集団によって築かれたバベルの塔は、究極目的の実現に伴う分け前に与ろうとした結果、跡形もなく崩れ去ってしまう。その後に残ったものといえば「墓場の平和」と永遠の沈黙だけだった。バベルの塔のような気の遠くなる事業を行うためには単一の言語を必要とし、それ以外の言葉は駆逐されることになるだろう。「・・・ある一つの声による独占体制が確立されると、それ以外の声が聞かれがたくなるだけではなく、それ以外の声が聞かれてはならないという主張があたかも正当なものであるかのように思われてくることになるだろう。つまりそれ以外の声は、たんに有意性の欠如にとどまらず有罪判決を下されることになるのである。」(『保守的であること』p219)われわれの自由にとって必要なことはそのような目的に縛られた記号的な言語の遣り取りのみにあるのではなく、むしろ「人類の会話における詩の声」なのではないだろうか。

TOPへ戻る