1. TOP
  2. テンソル積さんの公開ページ

テンソル積さんのページ

復刊リクエスト投票

ミクロからマクロへ 1 界面モデルの数理 <シュプリンガー現代数学シリーズ>

日本語で書かれた界面モデルの本は少なく、その中でも数理について述べられたものはこの本だけである。 また、このシリーズの続編である「格子気体の流体力学極限」については現在も続刊中であるが、前編のこの本が絶版であるため買いにくい状況となっている。 復刊をお願いします。 (2019/04/28)

ミクロからマクロへ 1 界面モデルの数理 <シュプリンガー現代数学シリーズ>
【著者】舟木直久 内山耕平

ランダウ・リフシッツ理論物理学教程(絶版の巻)

持っていないのだが、理論物理学の入門書物としてはこれらの絶版から数年がたった今でも最高峰の入門書物であると思う。特に量子力学の編は素晴らしいと思う。 絶版から数年経ってもなお復刊が大量に望まれる今、復刊すべきだと思います。 (2019/03/18)

ランダウ・リフシッツ理論物理学教程(絶版の巻)
【著者】エリ・デ・ランダウ イェ・エム・リフシッツ

非可換幾何学入門

非可換幾何学は数学と理論物理学との関係が根強く現れており、学びたいという学生も多いのではないか。アラン先生の原著も非常に有名だが、それが日本語で読めるというのは意味が大きいと思う。是非復刊をお願いしたいです。 (2019/03/16)

非可換幾何学入門
【著者】A. コンヌ

テンソル積さん

テンソル積さん

プロフィール

[ニックネーム]
テンソル積さん

TOPへ戻る