1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『馬賊戦記 - 小日向白朗蘇るヒーロー(朽木寒三)』 投票ページ

馬賊戦記 - 小日向白朗蘇るヒーロー

  • 著者:朽木寒三
  • 出版社:徳間文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2019/03/13
  • 復刊リクエスト番号:68092

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

シベリア単騎横断で有名な福島安正中佐にあこがれ、中国、チベットを調査しながら、ドイツを目指そうと17歳で中国に渡る。中国では関東軍の坂西利八郎大佐に気に入られ、中国語、射撃等の訓練に励んだ。
20歳でモンゴルのウランバートルを目指す旅に出たが馬賊に襲われ捕虜となり、命と引き替えに馬賊の下働きとなる。その後、数多くの戦いで頭角を現し、のち馬賊の聖地である千山無量観で道教と武当派の中国拳法等の修行をつみ、大長老の葛月潭老師より「尚旭東(しゃんしゅいとん)」の名と破魔の銃「小白竜(しょうぱいろん)」を授かった。この瞬間小日向白朗は中国全土の馬賊の総頭目となった。
大本教の出口王仁三郎がモンゴル入り後に張作霖に捕らえられたとき出口の釈放に奔走した。
戦後は国民党軍に逮捕され、漢奸罪で起訴されるも、日本国籍を有していることが認められ免訴となる。
1982年、東京都新宿区にて死去。

新着投票コメント

m

m

40年以上前に読み感動したのを思い出し、探したが、どこでも手に入らないため。 (2019/03/13)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/03/13
『馬賊戦記 - 小日向白朗蘇るヒーロー』(朽木寒三)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

TOPへ戻る