1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ストライクアンドタクティカルマガジン『日本の兵食史 〜日本軍兵士は何を食べたのか〜』(...』 投票ページ

ストライクアンドタクティカルマガジン『日本の兵食史 〜日本軍兵士は何を食べたのか〜』

  • 著者:鈴木紀之
  • 出版社:SATマガジン出版
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2019/01/05
  • 復刊リクエスト番号:67842

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ひょんな事から戦中に書かれた『軍用糧食に関する研究』というリポートが某所から発見され、そのリポートを幸運にも貸していただけることになったのです。このリポートは旧日本軍の糧食に関して調べていると必ず登場する川島四郎主計少将が中佐時代に書かれたもので、その情報量もさることながら、内容の凄さには本当に驚きました!実は川島四郎が戦後書いた著書によると、自宅は焼夷弾の密集攻撃で全焼し、立川の航七研究所も24発の集中爆撃で一瞬のうちに粉砕され、疎開のつもりで両方に分けていたのが両方ともやられてしまったうえ、さらに米軍が進駐してくる前に軍の情報に関する書類は全部燃やす指令が出て、全国の糧秣本支廠に保管されていた研究資料も処分されてしまったので、現在では当時の戦闘糧食および兵食に関する資料が全く残っていないと書いてありました。道理でなかなか情報が掴めなかったわけです。しかしこのリポートが発見されたことで今まで謎だった部分に光を当て、定説を覆し、どれほど日本軍が食に関して高度な研究をしていたかを如実に教えてくれたのです。半世紀以上の時を経て蘇ったこの素晴らしい情報を自分だけのものにしておくのは勿体無いことで、これは自分に課せられた使命だと思い、このたび、このような形で出版させていただく事になりました…。
本誌好評連載中「THE戦闘糧食 世界のレーション」の著者、鈴木紀之氏が長年の調査による集大成である。

新着投票コメント

ak

ak

インターネット上で兵食の資料文献としてよく挙げられているが入手できない。。電子書籍として一時復活していたようだが現在はない様子。貴重な資料だと思うのでぜひ復刊してほしい。 (2019/01/05)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/01/05
『ストライクアンドタクティカルマガジン『日本の兵食史 〜日本軍兵士は何を食べたのか〜』』(鈴木紀之)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

TOPへ戻る