1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『東京人 No197 2003年11月03日発売(東京人)』 投票ページ

東京人 No197 2003年11月03日発売

  • 著者:東京人
  • 出版社:都市出版
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2018/12/08
  • 復刊リクエスト番号:67672

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

特集
志ん生・馬生・志ん朝
落語に生きた親子三名人。


対談 立川談志×美濃部美津子(志ん生長女)
「古今亭にはかなわねぇ」

思い出の志ん生・馬生・志ん朝
中尾 彬
「親父さんにはもっともっと、教えてほしいことがあった」
水谷八重子
「朝さま、もうちょっと女として見てくれてもよかったんじゃない?」
寺田豊
「巨いなるテキに向かって、いつも一緒に闘ってきた」

春風亭小朝「志ん朝師匠、実は……」

古今亭志ん駒、古今亭志ん五
五街道雲助
京須偕充
ィヨッ、矢来町! 誌上再現 伝説の「志ん朝七夜」
前島達男
鈴木康正・幸子(志ん朝行きつけ「鈴音」主人夫妻)

名人をめぐる、親と子の葛藤
古今亭の遺伝子 文・矢野誠一
志ん生一家の谷根千地図 案内人・地域雑誌「谷中根津千駄木」編集部


やっぱし、志ん朝! 期待の若手落語家が語る
林家こぶ平/林家たい平/三遊亭白鳥/古今亭菊之丞

新着投票コメント

志ん生、志ん朝、馬生特集の貴重な雑誌です。談志と美津子さんの対談以外にも、今も売れている噺家さんたちのインタビューがもちきりです。  表紙が3人が一緒の写真でこれがまた良いのです。 志ん生一家の谷根千地図も是非見てみたいです。 (2018/12/08)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/12/08
『東京人 No197 2003年11月03日発売』(東京人)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

TOPへ戻る