1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『王女ナスカ(スターリング (訳)岸なみ)』 投票ページ

王女ナスカ

  • 著者:スターリング (訳)岸なみ
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2018/03/21
  • 復刊リクエスト番号:66613

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

時代背景も主人公も現代とはかけ離れているが、この本を書いた作者の思いは現代にも通じるものがある。

幼くして王女となり国を担う重圧の中、王女は成長する中で少しずつ女王として、また人としてのあり方に目覚めていく。戦争をする無意味さをひたすら訴え続け、最後は自分の命と引き換えに国を守り通す。

人間としてのあり方を問いかける良書。挿絵も美しく、児童図書として長く読み継がれて欲しい本。

投票コメント

昔も今も、人間は争いを憎みつつ、争い続けている。14歳の王女ナスカが命を賭して訴えたことは、現代の少年少女たちにも感動と共感を与えるだろう。この本は19世紀末に書かれ、時代背景も主人公の境遇も多くの読者とはかけ離れたものであるが、その根底に流れる思想は、みずみずしい感動を読者に与える。時代を超えて読み継がれたい本である。 (2018/03/21)

2

子供の頃に読んで、心に忘れがたく有り続けている物語です。最近やっと古本の講談社の王女ナスカを手に入れました。それいらい友人の間を王女ナスカは感銘を読者に与えながら巡り続けています。この物語をもっと多くの人々に届けたいと願ってやみません。 訳者の岸なみさんの言葉「戦争という災いこそ、文明の盲点ともいえるのではないかと思います。」「皆さんがこれを読んで,戦争をふくめていろいろな問題を解決するものは、ただ一つ、豊かな人間愛であることを感じてくださるならば、私がこの著をつたない日本語に書きあらためた意味はそれでじゅうぶんですし、原作者もきっとどのようにか喜ばれることとおもいます。無力ではあっても、私たちひとりひとりの、熱心な平和を支える手が、今ほど必要な時はないように思われてなりません。」   2018年の現在にどうしても復刻したい本なのです。 (2018/03/23)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/03/21
『王女ナスカ』(スターリング (訳)岸なみ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る