1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『炎の蜃気楼メモリアル(桑原 水菜)』 投票ページ

炎の蜃気楼メモリアル

  • 著者:桑原 水菜
  • 出版社:集英社
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2017/11/07
  • ISBNコード:9784086005821
  • 復刊リクエスト番号:65940

得票数
28票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「炎の蜃気楼」本編完結一年後に刊行された、年表や桑原先生ご自身の同人誌で発表された超番外編、ミラージュ紀行、懸賞用ドラマCDのシナリオ、キャラクターインタビューの企画ページなど、盛りだくさんのスペシャルブック。
現在、コバルト文庫としてのシリーズ刊行物の中で、唯一電子書籍化すらされていない本ですが、ぎっしり詰まったら内容は、ファンなら絶対手元に置いておきたい一冊です。
ぜひ復刊をお願いします!

投票コメント

新しく炎の蜃気楼という作品と出会っている読者さんもいらっしゃいますし、シリーズの一貫として存在するこの本は、やはり一読の価値アリの一冊だと思います。何より、炎の蜃気楼として発行された本は逃さず余さず読みたい!その気持ちを是非、シリーズ環結の今、叶えて欲しい。 (2017/11/26)

2

長く愛されてきた作品で、現在も新しい読者の方が増えています。絶版とのことで新刊で手に入れることが出来ず、中古で探さざるを得ないのは思い入れのある作品であればあるほど悲しいことです。メモリアルの名前の通り、長く続いた作品を深く知る上でもとても大切な一冊です。シリーズ自体も完結へと向かっており、このタイミングでぜひ復刊していただきたく思います。私自身ももう一度新しい本を手に取りたいと願っております。 (2017/11/21)

2

「炎の蜃気楼」という作品の歴史の中で、重要な位置を占める作品群が、このメモリアルの中に収録されている。と私は考えています。 作者が、なんの制約もない場所で、本当に書きたいことを書いたらこうなった、という作品たち。 本編にもあらわれるモチーフの原点がここにある。 なぜ当時、これらが書かれたのか、作者ファンとしては大変興味深いです。 「炎の蜃気楼」がお好きな方に、ぜひ読んでいただきたい本です。 (2017/11/18)

2

主人公二人の関係を理解する上で大切な要素が濃厚に盛り込まれた、必修テキストです。電子書籍化もされないようなので、ぜひ紙の本の復刊をお願いします。舞台をきっかけに、観客のみならず出演者・制作陣の方まで続々と新たにシリーズ読者になってくださっている今、需要はあると思います。 (2017/11/07)

2

図書館で借りて読みました。番外編ですが、本編を読んだ人なら是非とも読みたい、また手元に置きたい内容です!現在、手に入らないので、是非とも復刊してほしいです。図書館の本ももうだいぶ傷んでいたので、いつ廃棄されちゃうかわかりません。 (2017/11/07)

2

もっと見る

新着投票コメント

20代前半女性です。現在生まれて初めて「炎の蜃気楼」を読んでいます。こんなに素晴らしい作品があるとは知らず、出会えたことに感謝して読み進めています。この作品は本編ではありませんが読むべきだと伺っています。中古ではなく、新品の紙の本で読みたいです。「炎の蜃気楼」シリーズはこれからもずっと読みつがれるべきだと思います。現在読んでいる人、今後このシリーズに出会う人のためにもぜひ復刊していただきたいです。よろしくお願いします。 (2018/05/23)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/11/18
『炎の蜃気楼メモリアル』が10票に到達しました。
2017/11/07
『炎の蜃気楼メモリアル』(桑原 水菜)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

集英社に関するQ&A

30年ほど前のりぼんのふろく

30年ほど前の、りぼんの付録だったの思うけれど、両親が死んだ小学生の兄妹の話。お兄さんが働いて妹(ゆっこ)を育てるけれど、病気になって死んでしまう。 りぼんの付録で黄緑色の文庫だったのは覚えているけれど...

TOPへ戻る