1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『クーデター入門 -その攻防の技術(エドワルド・ルトワック)』 投票ページ

クーデター入門 -その攻防の技術

  • 著者:エドワルド・ルトワック
  • 出版社:徳間書店
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2015/06/06
  • ISBNコード:9784829507278
  • 復刊リクエスト番号:61963

得票数
21票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1970年
翻訳:遠藤 浩
戦略論の大家が著したクーデターの手引書


投票コメント

クーデターは如何にして起こるのか、その成否はどこで決するのか、そして権力の側はそれをいかに防ごうとするのか。こういった点を、体系的かつ実践的に知りたい。原著は改訂を重ねてアップデートしているそうなので、最新版での復刊を望みます。 (2016/06/12)

3

ある地政学者が紹介していたことで知りました。 かなり興味の湧く内容だったのですが、通販サイトや図書館などを探しても見当たりません。 どうやら置いてある図書館もあるにはあるようなのですが、気軽に借りに行けるような場所には置いてないようです。 (2016/05/22)

3

日本人戦略家のブログで紹介されていて、読んでみたいと思って探したら、古書店どころか図書館ですら見ることも無くなってしまっています。原著は何度も改訂され新板が発売されているそうなのに。 内容はクーデターについての生々しい手引書であり、実際にクーデターをおこした人が使用したこともあるとか。 昨今の革命モドキの結果国家がグダグダに不安定化してテロ組織の跋扈を許す現状を見るに、本書を読んでスマートに政権奪取してくれたほうが世界平和に役立つんじゃないかと思ったり思わなかったり。 もちろん、クーデターをする側の技術を学ぶことで、対クーデター性に優れた組織を作ることも期待できるでしょう。 (2015/06/06)

2

タイトルからして直球すぎるので、真面目に読めるのかという疑問はあれど、どうしても惹かれてしまう内容であることや、起こりうる問題として対処しなければならないとしたら何があるのかという、「防御」の面も書かれているのは単に「革命のためのなになに」ということではなく技術書としての側面に非常に関心があると書けば十分ではないか。 (2018/02/12)

1

mgw

mgw

ネットで存在を知り、幸運にも近所の大学図書館の書庫にあったので読むことができた。クーデターが起こせる国の条件や、具体的な遂行方法など非常に興味深かった。しかし読み返したいと思っても図書館では期限があるし貸出申請も面倒だったのでぜひ購入して手元に置いておきたい。 (2017/09/28)

1

もっと見る

新着投票コメント

読んだことがないので読みたいです。 (2018/02/14)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

ルトワックの“クーデター入門” エドワード・ルトワック 著 / 奥山真司 監訳
2,700円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/02/09
『ルトワックの“クーデター入門”』復刊決定!
2017/01/11
『クーデター入門―その攻防の技術』が10票に到達しました。
2015/06/06
『クーデター入門―その攻防の技術』(エドワルド・ルトワック)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る