1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『土星の環 -イギリス行脚(W.G.ゼーバルト 著 / 鈴木仁子 訳)』 投票ページ

土星の環 -イギリス行脚

  • 著者:W.G.ゼーバルト 著 / 鈴木仁子 訳
  • 出版社:白水社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2015/03/24
  • ISBNコード:9784560027318
  • 復刊リクエスト番号:61693

得票数
10票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

<私>はイギリス南東部を徒歩で旅し、過去何世紀にもわたる様々な破壊の跡を目にした。海辺で、資料館で、<私>の連想は、帝国主義時代のオランダの過去、ワーテルローの戦場跡を訪れた記憶、バルカン半島における虐殺の歴史、アフリカ大陸でのベルギーの搾取や略奪などへと続いていく。
<私>は旅先で多くの人びとと出会い、過去の様々な人びとを想起し、その生涯を辿る。コンゴで植民地主義の狂気を目の当たりにし、『闇の奥』を書いたコンラッド、「理想の国民」たる蚕を偏愛した西太后、フランス革命前後の激動をくぐり抜け、回想録『墓のかなたから』を書いたシャトーブリアン…。
最後に<私>は、中国からヨーロッパにもたらされ、各国で国家事業として育成された養蚕に思いをはせる。養蚕を国家意識高揚に結びつける企図は、百年後ナチによっても鼓舞されていた…。
思索や連想の糸がたぐられ、ヨーロッパ帝国主義による破壊と自然がもたらした災厄、古今の文人たちの生涯を辿っていく。誰も振り返らない往古の出来事、忘れられた廃墟が、時空を超えて呼び戻される。境界がなく、脱線と反復を真骨頂とする、ゼーバルト独自の世界。
解説=柴田元幸


投票コメント

ゼーバルトコレクションにおいて、破壊の風景を物語る重要な作品です。アウステルリッツに至るまでのゼーバルトが築いたペシミスティックな視座を知る上でも、手に入れたい作品です。個人的にはこの一冊のみ持っていないから、という理由もありますが、、正規のルートできちんと購入できるよう復刊していただきたいです。 (2018/02/13)

2

「アウステルリッツ」の復刊希望にも書きましたが、ゼーバルトの作品は和訳されたものは図書館で借りてほぼ読みました。それからしばらくたって、気になってまた読み返したくなり、いくつか借り出して再読しています。 大文字の「歴史」によって決してすくい取られることのない片隅の世界を調査し、踏査し、書き留めずにはいられない。ゼーバルトは細部にひとびとの思い、アイロニーを嗅ぎつける稀有な才能があるようだ。訳者の日本語もすばらしい。 (2017/12/01)

2

需要があり、中古本の価格が高騰している為。 (2018/08/17)

0

古本がプレミアムで手が出せないので復刊を強く希望します。 (2018/03/03)

0

手元に置いて、じっくり読みたいです。ぜひ、復刊を!よろしくお願いします。 (2018/01/05)

0

もっと見る

新着投票コメント

san

san

ゼーバルトコレクションを全巻揃えて所有したいから。 (2018/09/22)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/09/22
『土星の環 -イギリス行脚』が10票に到達しました。
2015/03/24
『土星の環ーイギリス行脚』(W.G.ゼーバルト)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る