1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『表現の自由を脅かすもの(ジョナサン・ローチ)』 投票ページ

表現の自由を脅かすもの

  • 著者:ジョナサン・ローチ
  • 出版社:角川書店
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2014/06/28
  • ISBNコード:9784047032750
  • 復刊リクエスト番号:60341

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

表現の自由とは、①自己実現、自己の人格形成や成長にとって重要であり、また②自由で民主的な政治過程の基礎をなすものであることから、個人的観点からも、民主的社会の存続にとっても不可欠なものであるといわれます。
筆者は、この「表現の自由」がアメリカ合衆国において「他者を傷つけるべきではない」という人道主義的理由から脅かされていることへ警鐘をならします。
特定秘密保護法や児童ポルノ改正法案が成立し、ヘイトスピーチや差別的発言に対する法的規制の是非が問われている昨今、「表現の自由」の意義を改めて考える必要があるのではないでしょうか。
「表現の自由」規制により、失われるものは何か。読まれるべき本だと思います。

投票コメント

=

=

すでに書きましたが、表現の自由という、自由で民主的な社会にとって不可欠の権利を、私たちは正義や人道的理由や弱者保護の名目で部分的にであれ、手放そうとしています。しかしその結果、失われるものはないのだろうか。 「表現の自由」というものの意義を改めて考え直すきっかけとなる貴重な本です。品切れのためアマゾンでは非常に高値となっています。ぜひこの機会に復刊してほしいです。 (2014/06/28)

2

著者は男性同性愛者で、ジャーナリストである。そして、そのホモが、「ホモは病気」という人の主張を出す場は設けるべきだと主張する。そして聴く人はその主張にツッコミをする義務を科す。ちゃんと傾聴に値することを言う、でもレイシストHLメンケンのいろいろを引用する。これは絶対に復刻するべき。ていうか絶版なのが不条理で理不尽。 (2017/05/16)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/06/28
『表現の自由を脅かすもの』(ジョナサン・ローチ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

角川書店に関するQ&A

川原由美子先生の作品

小学館以外の作品で 今集められるだけの本を 教えて下さい。 角川でも少しあったような 気がするのですが。 小学館でも全ては コンプリートしておりません。 もし今集められるのがあったら 教...

TOPへ戻る