1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『日常的実践のポイエティーク(ミシェル・ド・セルトー著 山田登世子訳)』 投票ページ

日常的実践のポイエティーク

  • 著者:ミシェル・ド・セルトー著 山田登世子訳
  • 出版社:国文社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2013/01/16
  • ISBNコード:9784772000994
  • 復刊リクエスト番号:56965

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

セルトーはフランスの歴史学会においては異端の歴史家であった。つねに、既成の歴史学から排除された民衆の肉声を歴史のエクリチュールに再現しようとした。本書は、アカデミズムに権威づけられた「知」のあり方に対抗するため、民衆の日常的実践の技法、民衆的理性を「知」の新たな技法とし、現代のソフィストたらんとする「思想家」セルトーの代表作である。

(目次)
はじめに
概説
第一部 ごく普通の文化
第一章 ある共通の場/日常言語
第二章 民衆文化
第三章 なんとかやっていくこと/使用法と戦術
第二部 技芸の理論
第四章 フーコーとブルデュー
第五章 理論の技
第六章 物語の時間
第三部 空間の実践
第七章 都市を歩く
第八章 鉄路の航海あるいは監禁の場
第九章 空間の物語
第四部 言語の使用
第一〇章 書のエコノミー
第一一章 声の引用
第一二章 読むこと/ある狩猟
第五部 信じかた
第一三章 信じること/信じさせること
第一四章 名づけえぬもの
決定不能なもの
訳注
解説(今村仁司)
訳者あとがき
(以上国文社ホームページより)

新着投票コメント

名著です。 (2018/06/25)

0

ぜひ復刊を! (2018/06/06)

0

ほかにないとても面白い本。なかなか古書も見つけることができないが、欲しい (2015/02/20)

0

図書館にはあって読めるけれど、手元においてじっくり読みたいため。 古書店では価格が高騰してしまってお話しにならない。 復刊して欲しいです。 (2013/05/28)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/01/16
『日常的実践のポイエティーク』(ミシェル・ド・セルトー著 山田登世子訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

風俗・民俗学に関するQ&A

恐らく30年以上前の本のタイトルが知りたいです

現在38歳の私の小学生時代に教室にあった本のタイトルが知りたいです。 以下、記憶の断片を連ねてみます。 30年ほど前(1970〜80年代)に刊行されていたものだと思われます。 当時たく...

TOPへ戻る