1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ダンカンの花嫁(リンダ・ハワード)』 投票ページ

ダンカンの花嫁

  • 著者:リンダ・ハワード
  • 出版社:ハーレクイン
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/06/29
  • ISBNコード:9784833548380
  • 復刊リクエスト番号:4671

得票数
103票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票コメント

リンダ・ハワードの作品に出会ったのは「夢のなかの騎士」が発刊された頃で、初期の作品は入手がかなり難しく、どこの書店でも平積みにされている人気作家さんなのに何故復刊されないのかと不思議に思っていました。初期の頃の作品を原書だけでなく、和訳で読んでみたいのです。復刊されたら必ず全て購入します。どうぞよろしくお願いします!! (2003/08/19)

1

いろんな理由はあると思うけど、たった数ヶ月で新刊本を入手不可能にしちゃうなんて・・。「ダンカンの~・・」は、スピンオフも出ているのに(私は、スピンオフの方を持っている・・)大好きな作家だけにものすごく悔しい!!。人気作家の作品は、後々まで入手出来るようにちゃんとホローしてよね。 (2003/06/01)

1

リンダ・ハワードの本は大好きで、入手可能な物に関しては頑 張って手に入れようと奮闘中です。ですが!探しても見つからな いものや、絶版されたものが多いので、「ダンカンの花嫁」をぜ ひ復刊させて頂きたいです!お願いします! (2003/01/12)

1

最近のリンダ・ハワード特有の「バイオレンス」がなく、私は好きな1冊です。(「もう一度愛して」とか、初期ものが好きな私) 出版社もわかっているはずです(出せば売れる)ので、再版は必ずあると思うのですが。再版できるものはさっさと再版すべきですよね。 (2001/09/17)

1

私は、最近ハーレクインを読むようになりました、新刊を買うこともありますが、圧倒的に多いのは古本屋での購入です。なぜならそれはハーレクインが在庫をストックしない、増販をしない方針だからです。 好きな作家が書いている本を沢山読みたいと思うのは当たり前の事だと思いますが、ハーレクインではその楽しみが半減されていると思います 最近、ファンの間でも特に人気があるのはリンダ・ハワードです。彼女の本は人気がある割には冊数が少なく、いまではプレミア価格が何万円も付いている本があります。その中でも人気がある「ダンカンの花嫁」 は、ぜひ復刊するべきだと思います。このまま、一部の古本業者に高いプレミア価格を払うべきなのでしょうか?ハーレクインはこの事態をどう思っているのか、復刊して自分たちの利益を守った方がいいのではないのでしょうか。きつい意見では決してないと思います、むしろこれからハーレクインが良くなればと思い書き込ませて頂きました。ありがとうございました。 (2001/07/16)

1

もっと見る

新着投票コメント

読みたい! (2004/02/14)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/04/02
『ダンカンの花嫁』販売開始しました!
2003/08/27
『ダンカンの花嫁』が規定数に到達しました。
2001/06/29
『ダンカンの花嫁』(リンダ・ハワード)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2004/02/13
交渉情報追加
3月20日刊行予定、という連絡が出版社からありましたので、お知らせします。
よろしくお願い致します。
ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ
愛なき誘惑Ⅰ「ダンカンの花嫁」定価680円(税別)
(交渉先:出版社)
2003/09/11
メール連絡済み
この本は出版社へ復刊希望のメール連絡済みです。
実際に交渉した際には改めましてご連絡します。
(交渉先:出版社)
2003/08/27
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る