1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『情報の歴史―象形文字から人工知能まで(松岡正剛、情報工学研究所)』 投票ページ

情報の歴史―象形文字から人工知能まで

  • 著者:松岡正剛、情報工学研究所
  • 出版社:NTT出版
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2008/08/19
  • ISBNコード:9784871880770
  • 復刊リクエスト番号:43359

得票数
108票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

本書は、人類が地上にあらわれた洞窟に動物の輪郭を描きはじめてから、コンピュータを駆使して通信ネットワークを形成するにおよんだ今日にいたるまでの壮大な歴史を、主として「人間はどのように情報を記録してきたか」という視点から、世界同時年表形式で編集構成した試みである。

投票コメント

学生時代、ゼミの先生が購入してきたこの書籍。当時から非常に役立っていたことを覚えています。『100年前、日本はこういう時代でその時ヨーロッパはこうだった』とか『この芸術運動の先にこの文化が発展していったんだ』とかいろんな切り口で世界の情報をざっくりと掴むのに非常に有益な書籍です。 今も仕事で『情報の歴史』があったらなと思うことがしばしば。 ぜひ個人的に欲しい本です。 (2018/09/04)

1

最後の年表は1996年で終わる。 そこからもう20年が過ぎている。 なんとか「今」までの歴史を追加して、増補復刊できないものか。 政治、社会的現象、文化、科学、経済まで全てを網羅し、横断した年表をほかにはしらない。 アマゾンで2万円のプレミア価格が付いているが、それ以上の価値がある。 (2017/11/09)

1

書店で手にとったとき、バラバラに捉えていた事項が結びついていく興奮を覚えました。一つひとつの出来事や固有名詞が立体的に浮かび上がる、すごい本でした。が、値段もそれなりにしたのか、また今度と立ち去ると、それきり入手困難に…。自分がほしいのはもちろんですが、多くの人の目にふれるべき本だと思います。 (2013/02/17)

1

ここ10年ほどの現代史については、もはや作成が非常に困難であるゆえに、これを増補することは期待しないが、それ以前の時代については常に座右に置いておきたい一著。 とくに文系学生にとって、研究対象となる時代の横の繋がりや、近いところの影響関係をつぶさに見ることができ、非常に役に立つ。 (2013/01/21)

1

世界遺産の番組でちらっとみて、家族でこの本読んでみたいねと言っていたら、◎mazon古本でもものすごい値段でびっくり! ということは、結構読みたい人も多いと思うので、ぜひ復刊させてほしいです。歴史を横につなげて考えてみたいのです。なにとぞよろしくお願いします! (2011/08/27)

1

もっと見る

新着投票コメント

ネット時代、紙媒体で残した方がよい作品。 内容はもちろんのこと、紙面の編集とレイアウトも秀逸。 復刊を強く望む。 (2019/08/19)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/06/16
『情報の歴史―象形文字から人工知能まで』が100票に到達しました。
2011/04/07
『情報の歴史―象形文字から人工知能まで』が50票に到達しました。
2008/08/19
『情報の歴史―象形文字から人工知能まで』(松岡正剛、情報工学研究所)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

風俗・民俗学に関するQ&A

恐らく30年以上前の本のタイトルが知りたいです

現在38歳の私の小学生時代に教室にあった本のタイトルが知りたいです。 以下、記憶の断片を連ねてみます。 30年ほど前(1970〜80年代)に刊行されていたものだと思われます。 当時たく...

TOPへ戻る