1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『森嶋通夫著作集7「マルクスの経済学」(森嶋通夫)』 投票ページ

森嶋通夫著作集7「マルクスの経済学」

  • 著者:森嶋通夫
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2008/08/03
  • ISBNコード:9784000925976
  • 復刊リクエスト番号:43150

得票数
14票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

数理マルクス経済学の名著です。東洋経済版でなく、岩波のこのシリーズで読みたい。

投票コメント

森嶋経済学を理解するための必読書であるが、古書店によってとんでもない高値になっていて本来の意味を失っている。古書は古い骨董品とは異なります。必要な人の手に入ってはじめてその価値を発揮するものだと考えます。強く復刊を望みます。 (2010/06/08)

1

学生時代に、英語版を読みました。 森嶋通夫著作集7で日本語版で読みたいと思ったのですが、 既に品切れ(絶版)とは残念です。 古本でも桁違いに高価で手が出ません。 7巻は1巻、2巻、3巻と並ぶ重要な著作だと思うので 是非復刊を希望します。 (2010/02/06)

1

復刊を希望しますが、岩波文庫に入れて頂きたいです。古典として残す価値のある名著だと思います。 (2015/12/26)

0

原著『マルクスの経済学』(東洋経済新報社)にない部分(著作集の解説その他)を読みたい (2013/01/24)

0

他の人も述べている通り、マルクス経済学を数理経済学で読み説いた画期的な書物であり、数理経済学の基本書と言われているから。 (2011/09/20)

0

もっと見る

新着投票コメント

数理経済学には、日本のお家芸ともいえるほど優れた学者がたくさんいます。森嶋通夫もその一人ですが、その業績に比べて多くの人に知られていないのが現状ではないでしょうか。 主著ともいえる「マルクスの経済学」はすでに絶版となっており、図書館で借りるしか読む機会がありません。マルクスの理論を数理経済学(あるいは主流派経済学)からアプローチした研究は少なく、しかも本書はマルクスの理論が妥当するにはどのような条件が必要かを批判的に検討し、それを明確に説明しています。 不況あるいは格差の拡大が問題になるたびマルクスが見直されますが、マルクスの理論にはどのような限界があるのか、現在抱える問題にどう有効なのか、森嶋の著作から大きな示唆を得ることが可能です。 森嶋を埋もれさせるのはあまりにも惜しい。ぜひ著作集から独立して復刊させてほしいと思います。ただし岩波オンデマンドブックスでは高価なため、できれば文庫での復刊を希望します。 (2016/01/20)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/08/03
『森嶋通夫著作集7「マルクスの経済学」』(森嶋通夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

経済学に関するQ&A

本のタイトルが思い出せません

ビジネス・経済の本を探しています。タイトルがどうしても思い出せません。 内容としては営業か仕事術もしくは集客の分類に入ると思います。 先週立ち読みしたのでそこまで古い本ではないと思います。 ...

TOPへ戻る