復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

20

投票する

啓蒙主義の哲学 上下(ちくま学芸文庫)

啓蒙主義の哲学 上下(ちくま学芸文庫)

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 20

著者 カッシーラー著 中野好之訳
出版社 筑摩書房
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784314007986 9784480087713 9784480087720
登録日 2007/10/05
リクエストNo. 39959

リクエスト内容

啓蒙主義は、すでに乗り越えられた浅薄な思想なのか。のちの思想家たちから「反省哲学」「過去の思想」という烙印を押されてきたが、はたしてそうか。18世紀啓蒙主義の「明るい鏡」を現代批判の鏡として位置づけ、自らそれとの内面的対決を果たした著者は、批判精神に満ちた鋭い洞察力で、啓蒙主義の思考形式から「美学」の誕生までの諸側面を余すところなく分析し、その統一的結びつきを解明する。哲学者カッシーラーが従来の批判を排し、啓蒙主義思想の再評価を打ち立てた古典的名著。文庫化にあたり全編改訳。上巻は啓蒙主義の思考形式、自然観と自然科学、心理学と認識論、宗教の理念を収録。下巻は啓蒙主義の歴史観、国家観・社会観、美学の確立などを収録。(筑摩書房ホームページより)

なおISBNコードは筑摩版、紀伊国屋版両方併記しています。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全20件

  • 近代美学の成立史を描いたものとしてほかに変えがたいものとされている重要な著作であるため、研究者、芸術家を問わず、美学と芸術学に関心があるひとにとってひじょうに価値のある書であるため。たとえば、定評のある美学史の教科書である、小田部胤久『西洋美学史』(2009)においても参考文献としてあげられている。 (2018/08/27)
    GOOD!2
  • カッシーラは新カント学派の哲学者であり、また啓蒙主義時代の哲学を解説する思想史家でもある。そうしたカッシーラの名著のひとつであるこの著作が絶版となっていることは残念であり、復刊を望むものである。 (2017/03/09)
    GOOD!2
  • 電子書籍版はあるのですが、やはり紙で読みたいです。
    復刊を強く希望します。 (2019/07/10)
    GOOD!0
  • 絶版状態であるため。
    現代においても必読文献だと思われる (2018/04/21)
    GOOD!0
  • 絶版状態なので復刊を希望します。 (2017/07/14)
    GOOD!0

もっと見る

NEWS

  • 2012/03/22
    『啓蒙主義の哲学 上下(ちくま学芸文庫)』が10票に到達しました。

  • 2007/10/05
    『啓蒙主義の哲学 上下(ちくま学芸文庫)』(カッシーラー著 中野好之訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!