復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

世阿弥を歩く

世阿弥を歩く

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 白洲正子・権藤芳一
出版社 ラスタープレス/駸々堂出版
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784397500862
登録日 2007/01/11
リクエストNo. 37428

リクエスト内容

猿楽を幽玄の芸術-能楽に仕上げた世阿弥の生涯は、天才の資質に激しい闘志を加えて燃焼した坩堝であった。将軍義満のひとかたならぬ寵愛を受け、その保護の内にあったとはいえ、そのなかで溺れず驕らず、能の完成だけを見つづけた彼の視線は、能を透して芸というものを、人生というものを見据えていたのではないだろうか。そのことが、現代の我々に能の世界を通して、いまもなお生き生きと彼の生涯を訴え続ける力なのだろう。

演劇評論家の権藤芳一氏による世阿弥の生涯、能の歴史についての論考。白洲正子さんがテキストを寄せており、興味深い一冊となっている。写真は土村清治氏が担当。駸々堂ユニコンカラー双書55として1978年2月出版。141頁で装幀は田中一光、定価は500円。

登録者の評価★★★★★★★☆☆☆

【目次】

◇カラー版16頁:伊賀盆地 福田神社 面塚古跡ほか

■世阿弥の歩いた道(白洲正子)

◇カラー版16頁:興福寺 春日神社 今熊野神社 賀茂川ほか

■散楽から猿楽能へ(権藤芳一)

◇カラー版16頁:翁 通盛 葵上 砧 班女 融ほか

■世阿弥・その生涯(権藤芳一)

◇カラー版16頁:捕厳寺 浅間神社 小浜 長谷寺 正法寺ほか

■世阿弥の芸論(権藤芳一)

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • 駸々堂ユニコンカラー双書は、平凡社カラー新書の後塵を拝した形ではあったが、優れたものがいくつかあった。本書も資料的価値が高い。 (2007/01/11)
    GOOD!0

NEWS

  • 2007/01/11
    『世阿弥を歩く』(白洲正子・権藤芳一)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!