復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

47

投票する

プロティノス全集 全4巻 別巻1巻

プロティノス全集 全4巻 別巻1巻

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 47

著者 プロティノス
出版社 中央公論新社
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784124026153 9784124026160 9784124026177 9784124026184 9784124026191
登録日 2004/09/06
リクエストNo. 25807

リクエスト内容

西洋神秘主義の頂点に燦然と輝くプロティノスの全集。神秘主義はいうまでもなく、西洋哲学を語る上でも、ネオプラトニズムの理解は欠かすことができない。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全47件

  • ネオ=プラトニズムの基本かつ最高の著作であるとともに,古代中・後期~中世キリスト教に多大な影響をあたえた哲学書である. アリストテレス主義が盛んになる12世紀までのキリスト教神学の基本は,このプロティノスに基づくといって良く,キリスト教思想史・神学研究のための必須の書である. また,ルネサンス期の人間思潮及びそれ以後の近世神秘主義にも大きな影響を与えており,ドイツ近代哲学の背景ですらある. 在来,我が国では古代ギリシァ哲学はもちろん,プロティノスの枠にあるアウグスティヌスと比べも,新プラトン主義それ自身に対する関心はあまりにも希薄であったが,本来,プロティノスはそれらの直後に並ぶべき重要な哲学者である. しかるに上記三者の著書のほとんどが入手も図書館等での閲覧も容易であり一部は文庫化されてすらいるのと比べ,プロティノスの著作集が新刊購入不可能では欧州思想の研究・理解にあまりにも不便であるから. (2006/08/11)
    GOOD!3
  • 哲学史全体におけるプロティノス『エンネアデス』(プロティノス全集)の重要性は今更言葉を重ねる必要はないと思います。そしてエンネアデスの体系は、編者の掲載順とプロティノス自身の執筆順が異なっているという事情もあり、そして論文などを読んでいれば、実にさまざまな章から引用がなされるという事情もあり、常に全体を参照したいタイプの著作です(だから抄訳では不十分なのです)。それなのに、プロティノスのテキストに触れよう、研究してみよう、と思ったとき、古本で全巻が12万円だとか13万円だとかする。ここ数年指を加えて眺めていたのですが値段は上がる一方のようです。こんなことでは、一般読者はおろか、哲学を志す大学生・大学院生にさえプロティノス読解の道は閉ざされてしまわないでしょうか。なんとかして〜泣 (2022/04/15)
    GOOD!2
  • プロティノスは西洋哲学に1500年くらい影響を与え続けているに
    もかかわらず、日本じゃ好事家以外にあまり知られていない。こ
    のことが日本人の西洋哲学観を歪める元凶ともなっているわけで
    あり、復刊は出版社の義務ですらあると考える。 (2004/12/02)
    GOOD!2
  • 『プロティノス全集』は、思想書・哲学書・文学書・宗教書など、あらゆる書物のうちで、魅力的であり人心を惹き付けうること最たるもののうちの一つであることに、間違いはありません。
     しかし、大衆迎合や安易な移り気読者を見据えての復刊希望であってはなりません。やはり、格式と威厳が重んじられるべきだと思います。
     復刊することで、必ずや、学問する者(特に若者)に資すること多大であると考えます。
     『プロティノス全集』復刊は、至上の有意義事であります。 (2021/01/28)
    GOOD!1
  • こんな基本文献を絶版にしていること自体、日本の恥である。 (2018/09/28)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2004/09/06
    『プロティノス全集 全4巻 別巻1巻』(プロティノス)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!