1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『彼岸からの言葉(宮沢 章夫)』 投票ページ

彼岸からの言葉

  • 著者:宮沢 章夫
  • 出版社:角川書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/12/14
  • ISBNコード:9784041887011 9784048832632
  • 復刊リクエスト番号:2535

得票数
118票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

日常での心では思うがあえて口には出さないような事が著者の表現で
書いてある。かなり笑える。人間観察眼がすごい。それに表現が「そうそう
そうだよね!」と同意でき、と同時に自分も同じ事を思っていたことに
気づかせてくれ爆笑してしまう。

投票コメント

もう一度読みたいです。 以前、著者がツイッターで、復刊を断念したというような事を仰っていたといいます。理由はわかりません。でも、以前借りて読み、本当に面白かった覚えがあるので、どうか、復刊してほしいです。 (2011/04/04)

1

とても面白くて図書館で2度借りて読みました。 もう一度と思って探したら絶版で手に入らず残念に思っています。 今でも古本屋さんで探しておりますが・・・ 電車の中で場所を忘れて笑ってしまった一冊です。 (2008/11/18)

1

とある友人に貸してから戻ってこず(泣)宮沢氏の著書の中でもダントツの面白さ。最強です。こんなに腹がよじれるほどよじれるほど笑った本、私は他に読んだことありません。あぁ。どうかもう一度読ませてください!! (2007/08/29)

1

宮沢章夫さんのエッセイを何冊か読むうちに すっかりファンになってしまい、 まだ読んでいないものはないだろうかと調べてみると、 この「彼岸からの言葉」が未読でした。 評価はとても高いので是非読んでみたいのだけれども、 既に絶版になっているとのこと。 これはくやしい! 是非読みたいので、復刊して欲しいと思います! (2007/06/16)

1

今、これ程に卓越したエッセイストが他にいるであろうか。 宮沢のエッセイは自らを貶めることで、その対象までもを引き下げ、その本質を暴くのである。再販を望まれること、この本に勝るものが果たしてあるだろうか。 (2007/04/17)

1

もっと見る

新着投票コメント

宮沢章夫さんの著書のなかで、最高傑作だと思っています。20年以上前に読んで以来、忘れられません。自身でもう一度読み直したいのはもちろんですが、息子と娘にも読ませたいので、ぜひとも一日も速い復刊をお願いいたします。 (2012/08/03)

1

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

彼岸からの言葉 宮沢章夫
464円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/04/26
『彼岸からの言葉』販売開始しました!
2006/09/30
『彼岸からの言葉』が規定数に到達しました。
2000/12/14
『彼岸からの言葉』(宮沢 章夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2006/09/30
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る