1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『現代北欧文学18人集(谷口幸男編)』 投票ページ

現代北欧文学18人集

  • 著者:谷口幸男編
  • 出版社:新潮社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/12/05
  • ISBNコード:9784103137030
  • 復刊リクエスト番号:21076

得票数
10票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ヨーロッパの北の辺境にありながら、世界に先駆けて高度福祉社会、性(含ジェンダー)の解放、など様々な実験や社会モデルの新構築を行なってきた北欧。その北欧における戦後の文学はあまり紹介されていなかったが、本書はその姿を伝えるほとんど唯一とも言うべきアンソロジーです。ライフスタイルばかりでなく、見事な文学的伝統の成熟ぶりが感じられる一冊です。(以下、収録作品)

◆デンマーク
「日曜日の庭での昼食」 クラウス・リフビヤ
「あらしの夜」 ヴィリアム・ハイネセン
「夫婦」 ドリト・ヴィルムセン
「里子」 ヴィリィ・セーアンセン

◆ノルウェー
「漁師たち」 ヨーハン・ボイエル
「屈辱の干ぶどう」 アグナール・ミュクレ
「草の中」 アグナール・ミュクレ
「赤い反射」 トルボルグ・ネドレオース

◆スウェーデン
「子供を死なせる」 スティーグ・ダーゲルマン
「ほら、例の奴さん」 スティーグ・クラーソン
「地獄へ下るエレベーター」 ペール・ラーゲルクヴィスト
「みことば」 トルニイ・リンドグレン

◆アイスランド
「選ばれた女」 グウズベルグル・ベルグスソン
「子供のための話」 スヴァヴァ・ヤコブスドッティル
「魚釣り行」 ハルドゥル・ラクスネス

◆フィンランド
「あらし」 ボ・カルペラン
「櫛」 ヴェイヨ・メリ
「爺さんと少年」 ハンヌ・サラマ
「レポート」 エーワ・キルピ

B6版ハードカバー:318頁。 1987年9月発行

投票コメント

北欧文学の翻訳は、昔も今も、散発的で系統立っていないため、イメージがつかみにくい気がします。その意味でも本書の復刊が望まれます。エーワ・キルピの「レポート」、ダーゲルマンの「子供を死なせる」は他のアンソロジーに入ってもおかしくないぐらいの傑作ではないでしょうか。更に、ヨーハン・ボイエルの「漁師たち」は、遠く“サガ”の英雄譚にまで遡ることができる、現代によみがえった神話とも言えると思います。コールリッジの「老水夫行」の影さえ感じられます。是非みんなに読んでもらいたい一冊。 (2003/12/05)

1

なかなか、北欧の作家をまとめて読める機会に恵まれることがないため復刊を望みます。内容的には古くなっているのは否めないとしても、良書であることにはかわりはないのですから! (2008/10/25)

0

ラーゲルクヴィストの作品が読みたいです (2007/12/09)

0

ヨーロッパの他地域からは独立した起源と発展史を持つ北欧文学は、もっと注目されていいと思います。 (2006/04/18)

0

ラーゲルクヴィストはノーベル賞作家なのに訳本が少なすぎます! (2006/02/27)

0

もっと見る

新着投票コメント

北欧文学、興味津々です。 (2017/07/06)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/07/06
『現代北欧文学18人集』が10票に到達しました。
2003/12/05
『現代北欧文学18人集』(谷口幸男編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る