1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『黄泉の河 四巻(沢音千尋)』 投票ページ

黄泉の河 四巻

  • 著者:沢音千尋
  • 出版社:秋田書店
  • ジャンル:コミック・漫画
  • 復刊リクエスト開始日:2003/09/30
  • 復刊リクエスト番号:19809

得票数
56票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

あの世とこの世の間を流れる黄泉の河。
水面を覗くと、そこには、自身に関係のある過去や未来が映し出される。
渡し守・聖と共に見つめるその水面に映し出されたのは…。

プリンセスにて連載(1995年8~11月号、1996年1~12月号)
未収録分
act9 幸せのハンカチ(1996年5月号)
act10 ラストソング(1996年6月号)
act15 天使の卵(1996年11月号)
act16 はじまりの物語(1996年12月号)

投票コメント

今も時々読み返すくらい好きな本です。 随分中途半端な終わりかただなぁと思っていたら、リクエストを見つけ、ぜひ、続きが読みたいと思ったので、投票します。 コミックスになるだけの本数があるのなら、ぜひ、続編を出していただきたいと思います。 (2006/07/02)

1

繭

黄泉の河4巻、是非コミックス化希望します。作者様ご本人が「もしかしたらならないかも…」と言っていたので半ば諦めていましたが、やっぱりあの柔らかくて温かい世界観を忘れられません。読んでいない物があるならば、是非見たいと思います。 (2006/06/12)

1

カワイイ絵と心温まるストーリーで、今でも大好きな本ですw 未収録分もすごく良い話ばかりで、単行本になるのをずっと待ってました。このままでは残念でなりません。ぜひ、4巻を出してください!できれば短編集もお願いします!! (2005/10/05)

1

こんなに感動した作品は自分の人生の中で出会った事がありませんでした。そしてつらいとき、悲しいときにはこの本を読んで頑張ってきました。4巻が出るものだと思って楽しみに待っていたらこの結果になって実に残念です。この感動を皆に伝えたいと思い投票しました。 (2004/03/12)

1

最近某雑誌でさわね千尋さんのお名前を見かけました。そういえば「黄泉の河」はどうなったのかな?と、ネットで検索をかけてみたらHPを発見して、イモヅル式にこちらへ来ました。「黄泉の河」、とても好きなお話でした。ぜひ最終回まで読みたいです。 (2003/10/29)

1

もっと見る

新着投票コメント

未収録分も含めて、ぜひ紙の本で読みたいです。 (2018/11/16)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • 電子版として復刊しました。

    沢音千尋 2018/11/14

    お世話になっております。
    著者の沢音千尋本人です。
    ご連絡が遅れましたが、件の本は
    2016年に電子版として復刊いたしました。
    紙版の投票は引き続き行っておりますが
    そもそもの電子版刊行のきっかけも
    「読者からのリクエストだった」そうで
    これもひとえに皆様のお陰です。

    寄せられたコメントも本当にありがたく読ませていただいております。
    現在は少女漫画から少し離れて児童向け等に漫画を描いております。
    もし見かけてくだされば嬉しいです。

    参考URL(アマゾンリンクですが他サイトでも販売中)
    https://www.amazon.co.jp/%E9%BB%84%E6%B3%89%E3%81%AE%E6%B2%B3-4%E5%B7%BB-%E6%B2%A2%E9%9F%B3-%E5%8D%83%E5%B0%8B-ebook/dp/B01MZBW9HG/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1542167973&sr=8-5&keywords=%E9%BB%84%E6%B3%89%E3%81%AE%E5%B7%9D

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/09/30
『黄泉の河 四巻』(沢音千尋)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

秋田書店に関するQ&A

長岡良子さんの作品、「断章」について

秋田書店から刊行されたコミックス(文庫版は除く)シリーズは持っています。10年ぶりくらいに読み返してみたのですが、修一郎君と薫君の大正ロマン、「断章」は2巻までしかないようで、お話はまだ続いていそうなの...

TOPへ戻る