1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『針のない時計(マッカラーズ)』 投票ページ

針のない時計

  • 著者:マッカラーズ
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/09/19
  • ISBNコード:9784061330245
  • 復刊リクエスト番号:19550

得票数
38票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

マッカラーズ最後の作品。

投票コメント

「死というものは、どんな場合もおなじだが、死に方は人、それぞれに違っている」この書き出しは『アンナ・カレーニナ』の書き出しのもじりである。50歳で死んだマッカラーズの最後の15年間で書いた唯一の長編。読み応えがある。 (2010/01/03)

1

昨日、「結婚式のメンバー」を読み終わりました。まだあの独特の静かな余韻が抜けません。これから「黄金の眼に映るもの」に取り掛かります。「心は孤独な狩人」もリクエストしています。マッカラーズは全部入手して読みたい。素晴らしい作家です。 (2006/03/14)

1

フォークナーやカポーティに並ぶアメリカ南部の偉大な作家の作品が読めないのは、どう考えても奇妙です。デビュー作をなんとか原書で読みましたが、彼女の作品に宿る悲しい美しさは現代の私たちにも新鮮です。若い人たちにもきっと気にいってもらえると思います。 (2004/10/05)

1

マッカラーズの小説で、現在ふつうに手に入るのが、白水Uブックスの『悲しき酒場の唄』だけというのは悲しすぎますよね。絶版になった本も何冊か持ってますが、文庫あり単行本あり世界文学全集の1巻あり、で、出版社もバラバラ。古くならない素晴らしい作品ばかりだと思うので、マッカラーズは是非全集を編んでほしいです……できれば新訳で。 (2003/10/15)

1

どうして絶版にするのか (2009/10/02)

0

もっと見る

新着投票コメント

再読したい。大変良い作品です。 (2016/04/14)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/09/19
『針のない時計』(マッカラーズ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る