1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ペピの体験(作者:不詳 訳者:足利光彦)』 投票ページ

ペピの体験

  • 著者:作者:不詳 訳者:足利光彦
  • 出版社:富士見ロマン文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/09/17
  • ISBNコード:9784829120040
  • 復刊リクエスト番号:19475

得票数
19票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ヨゼフィーネ・ムッツェンバッフェルー通称ペピと呼ばれた女性の少女期を記した作品。簡単に言えばアンネの日記の官能版という作品といえる作品。
ペピは7歳にして性的な魅力を持っていた。「私の顔つき、私の口、私の歩き方までが抱きすくめて地面に押し伏せてやりたい衝動を男達に呼び起こした。……初めてあったばかりの、しかも一見思慮深そうに見える男達に最初の出会いですべて慎重さを失わせ、全てを賭けさせるにいたる魅力」
幼いペピの相手は、兵士、実の兄、兄の友達、50歳の下宿人、30歳のビール売りなど ……12歳になるまでにさまざまな性交渉を体験している。
『ペピの体験』は、幼い少女を主人公としたポルノグラフィの傑作。(1908年ウィーンで出版)。ある意味で、黄昏れていく国の男達の夢見るエロティックな童話ともいえる。

投票コメント

李笠翁の『肉蒲団』の翻訳も手掛けている訳者でもあると最近気付きました。中国には上記の他にも『金瓶梅』があり、フランスにはサドの『ソドムの百二十日』やラクロの『危険な関係』などあるので、本書もこれらの官能小説の一書物として加わればと思います。 (2005/01/20)

1

1908年ウィーンで出版された日本語訳の傑作だと思います。 (内容は『ロリータ』が書かれる50年以上も前の話) 解説の中で足利氏は原作作者と推測されるものの一人として、『子鹿のバンビ』の作者ザルテンの名をあげています。 一度だけ友人から借りて読んだことがあるのですが、その内容は傑作でした。もう一度、手にとってみたいのですが、手に入りません。 どうか、お願いします。 (2003/09/17)

1

何かの本でこの作品について触れていて、読んで見たいと思った。 (2012/12/31)

0

どうせなら富士見ロマン文庫全て復刊して欲しいです。 (2010/10/17)

0

姉が昔買った本で引越しの際無くなってしまいました。 うろ覚えながらもおもしろかったのでもう一度読んでみたいです。 (2010/04/13)

0

もっと見る

新着投票コメント

過去に一度読んだことがありますが、当時の西洋の香りがする文章で面白かったです。ぜひ復刻を。 (2013/02/01)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/09/17
『ペピの体験』(作者:不詳 訳者:足利光彦)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る