1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ペピの体験(作者:不詳 訳者:足利光彦)』 投票ページ
  5. 情報提供 奥付情報

情報提供 奥付情報

ペピの体験

このリクエストの奥付情報(発行年月日、発行元、印刷会社など)をご存知でしたらお知らせください。

必須
必須

奥付情報をご記入ください

次の画面へお進みください。



ペピの体験

  • 著者:作者:不詳 訳者:足利光彦
  • 出版社:富士見ロマン文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/09/17
  • 復刊リクエスト番号:19475

得票数
19票

リクエスト内容

ヨゼフィーネ・ムッツェンバッフェルー通称ペピと呼ばれた女性の少女期を記した作品。簡単に言えばアンネの日記の官能版という作品といえる作品。
ペピは7歳にして性的な魅力を持っていた。「私の顔つき、私の口、私の歩き方までが抱きすくめて地面に押し伏せてやりたい衝動を男達に呼び起こした。……初めてあったばかりの、しかも一見思慮深そうに見える男達に最初の出会いですべて慎重さを失わせ、全てを賭けさせるにいたる魅力」
幼いペピの相手は、兵士、実の兄、兄の友達、50歳の下宿人、30歳のビール売りなど ……12歳になるまでにさまざまな性交渉を体験している。
『ペピの体験』は、幼い少女を主人公としたポルノグラフィの傑作。(1908年ウィーンで出版)。ある意味で、黄昏れていく国の男達の夢見るエロティックな童話ともいえる。

TOPへ戻る