1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ダルタニャン物語全11巻(アレクサンドル・デュマ)』 投票ページ

ダルタニャン物語全11巻

得票数
182票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

文庫版でダルタニャン物語の完訳版で、主に17世紀フランスが舞台。
アレクサンドル=デュマは、「三銃士」を書いた後それが絶大な人気を引き起こしたので、続編の「20年後」・「ブラジュロンヌ子爵」を続けて書いた。ダルタニャン物語はその3部作からなる名作。「ブラジュロンヌ子爵」の中には、有名な「鉄仮面」も含まれている。
*文庫版での復刊希望です。

投票コメント

学生当時、復刊版を読みました。一般的に出回っているものも面白く好きな作品でしたが、完全版の何と面白いことか。これまでの三銃士のイメージが一新されるとともに、一層深みにはまりました。完全版は十分に大人の鑑賞に適した文学書であり、デュマの素晴らしい感性を存分に味わえるものと思います。文庫版で取り揃えて、いつでも手元に置きたい本です。ぜひ、文庫化を希望するとともに、既刊も全巻取り揃えての再販を希望します。 (2011/10/11)

1

文庫版を数冊所持しています。学生時代に購入しました。全巻そろえたかったのですが、書店の棚には見当たらず、出てきたら買おうと思っていたら、いつの間にか絶版になってしまいました。とにかく、年配の四銃士に会いたいです。お手軽な文庫版をぜひ復刊して下さい。 (2011/09/28)

1

図書館で2001年発行のダルタニャン物語を読みましたが、これほどまでに面白い物語に初めて出会いました。 文庫版は、表現で色々と問題があるようですが、ぜひ復刊して頂きたいです。 ぜひ多くの人の手に渡るように、文庫本での復刊をお願いします! (2011/08/31)

1

デュマは、モンテ・クリスト伯も大好きなので、 ぜひ、ダルタニャン物語の完訳版も読んでみたいと思っています。 実は前回、復刊を希望していたのですが、 結婚&新生活でバタバタしていた時と重なり、 購入しそびれてしまいました。 次こそは購入したいと思っています。 (2011/07/10)

1

文庫本でないほうでも投票したのですが、とにかく、どちらでもいいので復刊してほしいです。 図書館で借りてなんとか読めましたが、なんとしても手元に置いて何度も何度も読み返したい名作です。絶版したこの本は、アマゾンでも入手困難、仮に入手できてもとても高額な値がついている巻もあります。 子ども達に伝える名作を、どうぞ復刊してください。 (2011/03/20)

1

もっと見る

新着投票コメント

単行本で復刊して久しいですが、やはり廉価な文庫版での復刊を強く望みます。 (2019/02/11)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 新装版 ダルタニャン物語 全11巻

    新装版 ダルタニャン物語 全11巻

    在庫なし

    【著者】A・デュマ 著 / 鈴木力衛 訳
    【発送】3~6日後

    アレクサンドル・デュマによる、不朽の名作! 三銃士、鉄仮面など17世紀のフランスはルイ王朝の盛衰の下に繰り広げられる愛と...

    29,700 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2011/06/01
『新装版 ダルタニャン物語 全11巻』復刊決定!
2011/06/01
『新装版 ダルタニャン物語1』復刊決定!
2011/06/01
『新装版 ダルタニャン物語2』復刊決定!
2011/06/01
『新装版 ダルタニャン物語4』復刊決定!
2011/06/01
『新装版 ダルタニャン物語5』復刊決定!
2011/06/01
『新装版 ダルタニャン物語7』復刊決定!
2011/06/01
『新装版 ダルタニャン物語8』復刊決定!
2011/06/01
『新装版 ダルタニャン物語9』復刊決定!
2011/06/01
『新装版 ダルタニャン物語10』復刊決定!
2011/06/01
『新装版 ダルタニャン物語11』復刊決定!
2003/07/05
『ダルタニャン物語全11巻』(アレクサンドル・デュマ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る