1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『精神分析の系譜――失われた始源(ミシェル・アンリ)』 投票ページ

精神分析の系譜――失われた始源

  • 著者:ミシェル・アンリ
  • 出版社:法政大学出版局
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/06/12
  • ISBNコード:9784588003905
  • 復刊リクエスト番号:17340

得票数
13票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

フランスの現象学者ミシェル・アンリが「生の哲学」の立場から精神分析を批判した書。巷にあふれる精神分析批判書のなかで、これほど哲学的な背景を踏まえたものは他にないといってよいだろう。デカルトに始まり、カント、ショーペンハウアー、ニーチェ、フッサール、ハイデガー、そしてフロイトと、ある意味西洋哲学の有名どころ総出演といった感がある。やや難解だが読み応えは十分だ。(法政大学出版局のサイトでも、叢書ウニベルシタスの復刊アンケートを行っており、そこにもぜひ投票しましょう。)

投票コメント

ニーチェ研究のためにぜひとも欲しい。ドイツ語はできてもフランス語はできないので、原著で読むことはできない。古本屋を巡ってもなかなか出会えない。そのため、研究の一助にするためには、この本が復刊されることに頼るほかない。 (2009/09/13)

1

この名著がフランス語でしか読めないというのは非常に残念なことです。 (2009/04/06)

0

無

読みたい。 (2008/02/12)

0

現象学、精神分析等の文脈で参考文献として挙げられているのをよく目にしたため、興味を持ちました。 (2007/11/21)

0

精神分析批判の書は多々あれど、哲学の世界からの批判をまとめた内容とのこと。是非読みたい。 (2006/08/19)

0

もっと見る

新着投票コメント

論文の中で引かれているのを見て、是非読みたいと思ったから。 (2010/01/31)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/06/12
『精神分析の系譜――失われた始源』(ミシェル・アンリ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

フランスに関するQ&A

フランス語の古いテキストです。

カセットテープで音声があり、見開きでleçonがひとつづつあり挿絵がちょんまげのサムライ風の人が書かれてたり着物を着ている女の子が登場したりしています。あまり大きなサイズの本ではなくタイトルがわからない...

TOPへ戻る