1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ダブ(エ)ストン街道(浅暮三文)』 投票ページ

ダブ(エ)ストン街道

  • 著者:浅暮三文
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/02/15
  • ISBNコード:9784062092845
  • 復刊リクエスト番号:14789

得票数
101票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

第8回メフィスト賞受賞作。本作品はファンタジーノベル大賞の最
終候補作でもある。
出版社/著者からの内容紹介
キッチュでポップな迷宮譚!
その道を通ってどこか遠くへ
ぼくたちはいつもどこか遠くへ行きたいと思い、けれどもどう
やって行けばいいのかわからない。浅暮三文はそんなぼくたち
に、その場所への行き方を教えてくれる。それが『ダブ(エ)ス
トン街道』だ。その街道ではあらゆることが起こり、なによりそ
の街道の向こうには、ぼくたちが知らない世界が広がっている。
そして、その『ダブ(エ)ストン街道』に行くには、ただ1冊の本
の頁をめくるだけでいいのである。――高橋源一郎

あの、すみません。ちょっと道をお尋ねしたいんですがダブ
(エ)ストンって、どっちですか?実は恋人が迷い込んじゃって
……。世界中の図書館で調べても、よく分からないんです。どう
も謎の土地らしくて。彼女、ひどい夢遊病だから、早くなんとか
しないと。え?この本に書いてある?!あ、申し遅れました、
私、ケンといいます。後の詳しい事情は本を読んどいてくださ
い。それじゃ、サンキュ、グラッチェ、謝々。「今、行くよ、タ
ニヤ!」

投票コメント

HP等を見て気になった。推理作家協会賞受賞を受賞した方のデビュウ作を読んでみたいと思った為。 という事で結局図書館で借りて読んだ。久々に気持ちの良い小説を読んだ様な気がします。この作品は自分の手元に欲しいですね。 (2003/07/01)

1

わたくしはダブ(エ)ストン街道の秘密に気付いてしまいました。 (エ)は<カッコカタカナノエカッコトジル>ではありません。 じっと見て下さい。クマの鼻面です。というわけで素敵なクマと 一緒に赤道祭に参加しましょう。復刊希望! (2003/06/29)

1

浅暮三文は世界文学を指向する、柄の大きな作風の作家です。本年度の日本推理作家協会賞受賞に見られるように、今後ますますの活躍が予想されます。その浅暮三文の処女作が幻の存在となっていることは非常に残念です。ぜひ復刊し、作家の原点を確認していただきたいと思います。 (2003/06/29)

1

たまたま図書館で見つけて読んだのですが、とても面白かったです。自分の好みにバッチリはまりました。(返却したくないくらい!) 自分の手元に置いておきたいし、もっとたくさんの方に是非読んで欲しいと思う作品なので、復刊を希望します。 (2003/06/27)

1

gma

gma

旅人 図書館で発見 望む復刊 gMA ...と真似しただけでは面白さは伝わらないか。 誰もが道を探している不思議なその世界で、誰もが道を尋ねたくなる顔を持つ主人公は、いつも道に迷っている恋人を探す。 せめて読者は、古本屋を探す旅に出なくてもすむようにしたい、と思う。 (2003/06/20)

1

もっと見る

新着投票コメント

ダブ(エ)ストン、興味あります。 (2003/08/19)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/10/16
『ダブ(エ)ストン街道』販売開始しました!
2003/06/29
『ダブ(エ)ストン街道』が規定数に到達しました。
2003/02/15
『ダブ(エ)ストン街道』(浅暮三文)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2003/10/03
交渉情報追加
10月中旬に講談社文庫にて発売になります。
2003/06/30
交渉情報追加
講談社さんの担当窓口の方にメールで100票到達をご連絡させていただきました。
(交渉先:出版社)
2003/06/29
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る