復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

91

投票する

スピンはめぐる 成熟期の量子力学

スピンはめぐる 成熟期の量子力学

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 91

著者 朝永振一郎
出版社 中央公論社
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784120003974
登録日 2003/02/03
リクエストNo. 14598

リクエスト内容

『自然』に連載されていた記事をおこしたもの

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全91件

  • 量子力学が建設されていく様をあれだけ見事に記述した本は非常に少ないと思います。特に最近では何でも”入門書”が幅を利かせているような気がします。一般に天才物理学者と言われる人たちでも未知の世界の物理法則を発見していく過程は非常に泥臭い作業であり、今日私たちが学ぶ”きれいな”物理学の表面には表れてこないものがあります。特に量子力学の登場はそれ以前の古典物理学が記述する世界観を大きく覆すようなパラダイム転換を人類が迫られた出来事です。「スピンはめぐる」は量子力学が発展していく様を描きつつ、パラダイム転換を迫られた天才たちがそのときどのように考えたのかを明確に記述しています。この本は量子力学の建設期の貴重な資料となるばかりではなく、”知”の拡大現場(大げさですが、つまりは研究現場です)の雰囲気がダイレクトに感じられる本です。このような価値のある本が絶版状態になっていることはこの国の文化にとって非常にマイナスであると感じ、ここに復刊を強く望みます。 (2007/08/27)
    GOOD!1
  • 退屈な日常に思いがけない感動と喜びを与えてくれた名著。

    これが手元に置いておくことができないなんて、
    あまりにも悲しい。

    日本の知の遺産を守るという意味でも、
    物理に興味がある人もない人も、
    臆せずに、どんどん投票してください。
    ぜひ復刊させましょう。 (2006/10/14)
    GOOD!1
  • とりあえず、英語の本を読むことにしました。但し、日本人である私が何故日本が生んだ至宝とも言うべき朝永先生の原著を英語で読まなければならないのか。悲しい限りです。文化的にも日本は米国の植民地になりつつあるのでしょうか。 (2006/05/27)
    GOOD!1
  • 大学の教官が薦めていましたが,絶版となった今,残念ながら図書館以外ではお目に掛かれません.スピンをめぐって昔の天才物理学者たちがいかに苦心惨憺し,そして最終的な理論を確立していったかを,歴史に沿って説明してくれる名著だと思います. (2005/05/21)
    GOOD!1
  • 大学3年の頃読んだときはちんぷんかんぷんでした。
    大学院で3年間物性物理をやった後、
    再び読んでみたところ、おもしろくておもしろくて。

    暖かい語り口で、スピンという概念が生まれて定式化される様
    が示されているのですが、
    現在の物性物理を理解するのに欠かせない概念の、
    一番大事なところが伝わってきます。
    是非復刊を希望致します。 (2005/02/03)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2008/05/29
    復刊!朝永振一郎『スピンはめぐる 成熟期の量子力学』

  • 2003/02/03
    『スピンはめぐる 成熟期の量子力学』(朝永振一郎)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!