1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『少年ケニヤ(石川球太(原作:山川惣治))』 投票ページ

少年ケニヤ

  • 著者:石川球太(原作:山川惣治)
  • 出版社:東邦図書出版社
  • ジャンル:コミック・漫画
  • 復刊リクエスト開始日:2002/07/17
  • 復刊リクエスト番号:11199

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

日本人の少年ワタルが不幸な事故からアフリカの密林地帯で父親と離ればなれになってしまい、土着民酋長のゼガや白人少女のケートらとの交流を通じながらたくましい青年へと成長していく過程を描いた往年の絵物語の傑作。山川惣太の絵物語ではなく、石川球太のコミック本で、おそらくコミックとして出版されたのは石川球太のものだけだったのではないだろうか。全7~8巻ほどだったと記憶している。

投票コメント

蛇が嫌いな妹もダーナは好きだったと言ってます。破天荒な物語がリアルな筆致で見事に表現されきっており、40年?たっても眼前に蘇えります。それでもまた読みたくて、検索して入手できないことにびっくりしました。そういえば実写版TV作品もありましたが、漫画版がベストだと思います。 (2005/10/07)

1

私が子供の頃、生まれて初めて読んだ本です。祖母は寮母の仕事をしていて、その寮に置いてありました。何巻か抜けていたので飛ばして読みましたが、最高に読み応えがあり背景が今の時代でも合うのではないかと思い、現代の子供たちに読んでいただきたいです。今日、オークションでこの本を見つけましたが、全巻で25万円から売られていました。あいにく誰も買い手がなかったようです。どうか復刊お願いします。 (2004/11/20)

1

友達の家にあって、夢中で読んだ記憶があります。絵がとてもよいし、主人公の少年(日本人)、ちょっぴりわがままな白人の女の子、あと主人公たちを助けてくれる大蛇とかがでてきたような気がします。はらはらどきどきの場面でいつも次巻へ続くところが子供心ににくいとおもったものです。私の記憶では7,8巻よりもっとあったような気がしますが・・・。埋もれさせておくには惜しい本で、今の子供たちにもきっとうけると思いますので、ぜひ復刊してほしいです。 (2003/09/27)

1

小学校2、3年生のとき、動物が大好きだった私に親が買ってくれたもので、表紙やページがすり切れるまで熱中して読みふけった漫画でした。この漫画に魅せられて、将来は動物学者になるのだとか、いつかアフリカに行って野生のライオンやサイをこの目でみるのだといった夢を抱きました。何度も何度も読み返したため、あまりにぼろぼろになってしまったので、中学生になる前後に捨ててしまったようなのですが、純粋だった少年時代を振り返るにつれ何故捨ててしまったのだろうととても後悔し、何とかもう一度手に入れたいと願い続けてきました。大学生になった30年近く前から、機会あるごとに古本屋を何軒も訪ね歩いて探しているのですが、山川惣太の絵物語の復刻版はあっても石川球太のコミック本はどうしても発見できません。おそらく復刻リクエストも多くの人数は集まらないだろうと思います。それでもいつの日か復刻される可能性はゼロではないと信じてみたいという心境です。もし採用していただければ、これ以上の喜びはありません。ご検討願います。 (2002/07/17)

1

mar

mar

手元に1巻だけあるのでぜひ続きが読みたいです。 (2005/01/05)

0

投票する

このリクエストの関連商品(2件)

  • 少年ケニヤ 上

    少年ケニヤ 上

    在庫なし

    【著者】山川惣治, 石川球太
    【発送】3~6日後

    【発行】マンガショップ 【判型】B6判 復刊!!勇気と友情の冒険活劇! 広大なアフリカのジャングルで父の村上博士...

    1,944 円 (税込)

  • 少年ケニヤ 下

    少年ケニヤ 下

    在庫なし

    【著者】山川惣治, 石川球太
    【発送】3~6日後

    【発行】マンガショップ 【判型】B6判 友情をテーマにした一大叙事詩が現代に蘇える! 謎の地底世界探検、ナチスの...

    1,944 円 (税込)

読後レビュー(1件)

  • 大長編ジャングル冒険まんが

    こちマガ 2013/11/09

    少年ケニヤ 原作 山川惣治 まんが 石川球太 全8巻です

    第1巻 昭和37年1月1日発行    ¥180 風雲篇
    第2巻 昭和37年2月20日発行   ¥180 死闘篇
    第3巻 昭和37年8月1日発行    ¥180 怒涛篇
    第4巻 昭和37年10月20日 初版 ¥180 地底篇
    第5巻 昭和38年1月20日発行   ¥180 地獄の密林篇
    第6巻 昭和38年3月30日発行   ¥180 爆発篇
    第7巻 昭和38年8月30日  初版 ¥200 激闘篇
    第8巻 昭和38年9月30日  初版 ¥200 完結篇

    1,2,3,5,6巻には初版の表現は無く、1~2週間前の印刷日が記載されています。6巻のみ8ページまでで、他の巻は16ページまでカラー刷りです。他は1色刷りですが、数ページごとに色調が変わります。現在の週刊誌の色調に似てます。表紙絵とせ背表紙の少年ケニヤの文字は丸太です。


    カバーがあったのかなかったのか、全8巻ともカバーがありません。わかる方教えてください。
    内容については他の出版社のものでご確認ください。
    表紙絵は8巻とも同じで長い刃渡りの槍をもったケニヤ(ワタル)が描かれています。裏表紙も8巻同じで、ゾウの頭に乗った少年が笛を吹いている絵です。
    1,2,4,5巻の巻頭には本文から特筆すべき絵が渾身のカラー絵で飾られています。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/10/18
復刊!山川惣治, 石川球太著『少年ケニヤ 上・下』
2002/07/17
『少年ケニヤ』(石川球太(原作:山川惣治))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

少年サンデーに関するQ&A

昭和45~50年代の少年マンガ

少年マガジンか少年サンデーに掲載されていた読み切りのマンガです。 ヒッチハイクで一人旅をしている17歳の少年が、旅先の町で知り合った少女と恋に落ち、1年後にまたこの町に戻ると約束して再び旅に出ます...

TOPへ戻る