復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

・・・・・絶句 上下

投票コメント

全106件

  • 読んだのは30年位前ですが、今でもその時の感動を憶えています。今の若い人にも読んでほしい。
    読み取って欲しい作者からのメッセージが沢山ありますが、エンターテイメントとしてストーリィを楽しむだけでも十分です。 (2012/09/08)
    GOOD!1
  • 作者・新井素子の大ファンとなり、学生時代に作品を買いあさりました。
    中でもこの「・・・・・絶句上下」は本が擦り切れるほど何度も何度も読みました。
    当時、主人公・もとこちゃんの書いた作品から出てきた一郎くんに恋心を抱いていました。そのスマートな優しさは今も憧れです。
    本当に擦り切れてきたので、今は大事に大事にして、開くことさえも躊躇している状況です。
    出来れば再購入し、また大事に大事に読んでいきたい。復刊を強くリクエストします。 (2007/03/13)
    GOOD!1
  • 私が初めて読んだSF作品です。ラジオドラマも欠かさず聴きました!その「・・・・・絶句」が絶版になっていたなんて、それこそ絶句ものですね。この本は、素ちゃんワールドの中心となる作品だと思っているので、絶版には絶対にしないで欲しい作品です。
    この本があれば、その他の作品への関係がわかるはずなのです。
    是非、復刊してください。 (2005/11/15)
    GOOD!1
  • 新井さんの小説には、文字を読む楽しみを
    たくさん貰いました。
    その中でも、これが一番好きです。
    独立した小説としても面白いし、
    他の作品ともつながっています。
    とても魅力的なのでぜひ復刊されて欲しいです。 (2005/07/05)
    GOOD!1
  • 最近、よそのHPで絶版と知りました。新井素子さんの小説を読んでいく中で、あちこちの作品のリンクになる作品だと思います。
    小説としてもものすごく面白くて、ぼろぼろになるまで読みました。買い直したいし、みんなに読んでほしい! (2004/08/17)
    GOOD!1
  • 10代の頃に読んだ夥しい数の作品の中で一番大切な作品です!新井素子さんの作品群全体は俯瞰するとそれぞれに聯関している箇所が多く、特に第13あかねマンションを巡る人物相関図は「あの作品のこの人は、実はこの作品のこの人の先祖」というような楽しみ方がたまりませんでした。

    いつか新井素子ワールドがジグソーパズルのように完成する日を夢見ているのですが…それは難しいかな~ (2004/06/30)
    GOOD!1
  • 新井素子さんの原点とも言える作品。発表の時期は後でも、先生の中ではかなり古くからあった作品だそうで、他作品との接点が色々・・・「第13あかねマンション」「森村」「森村一郎」「山崎(やまさき)」等のキーワードを知る方は必見!
    ところで私は「東京は冷たい街だ」という定番の言葉を聞くたびに、この作品を初めとする新井先生作品に多く出てくる土着東京人像を思い出して「土着東京人に失礼だ!」と反論します・・・ (2004/06/03)
    GOOD!1
  • とても分厚い本で、しかも上下巻。ライト小説が好きな方からすると、苦手意識で手を出しづらい本でしょう。じっさい僕もそうでした。しかし、表紙を手がけていたのが、新井素子先生と仲の良い吾妻ひでお先生で、この絵がかなり可愛かったんですよね。僕は、この絵で購入を決定したのですが、それが大正解。内容は少女チックなのに、男性も楽しませてくれるストーリー展開。先述された方々が新井素子先生、初期の傑作だと絶賛される理由もうなずけます。これが絶版というのは、本当にもったいない話。文字を楽しませてくれる一品なので、ぜひとも復刊を希望します。 (2003/10/08)
    GOOD!1
  • 最近、このシリーズ関連の作品を新井素子さんはお書きになっておられませんが、この作品が
    復刊しなければ、
    シリーズ自体が続かなくなってしまうのでは?
    素子ワールド全開の傑作であるこの作品、
    是非復刊を!! (2003/09/07)
    GOOD!1
  • まひろはなんとか、古本屋さんで見つけ出すことができましたが、もし新井素子ファンでこのお話を読んだことがない方がいらっしゃるのなら、それはとてもとても哀しいことだとおもいます。
    まひろはこの本で新井先生のファンになったので、ぜひともみなさんにも読んでいただきたいと思います。 (2002/05/18)
    GOOD!1
  • 新井素子さんらしいといえば、やはり一番新井素子さんらしいお話だと思います。奇想天外な話ですが、舞台が日常なのと、沢山のキャラクターの誰かには共感できて、物語のなかにすっぽりはいりこんでしまいます。こんな名作が絶版だなんておかしいと思います。知ったときはびっくりしました。 (2001/10/24)
    GOOD!1
  • 「第13あかねマンション」とは何であんなヘンなトコなんだ?という疑問に答える話だったように思うのですが。「・・…絶句」って。
    最近「ラビリンス」や「ディアナ・ディア・ディアス」が文庫で手に入るようになったので、「あかねマンション」がらみの話もそうならないかなぁと密かに思ってました。が、一向に先行き不透明なので投票します(「SF JAPAN」でマンションが復活したから、というのもあるけど)。 (2001/10/05)
    GOOD!1
  • とても長いお話で読むのに時間がかかりました。当時受験生だったので、親の目を盗んで、睡眠時間を削って読んでましたが、時間が経つのを忘れるくらい面白かったです。にも関わらず、内容をよく覚えていない自分が情けないのですが・・・・・。
    ぜひぜひ復刊を希望します。 (2001/10/04)
    GOOD!1
  • 私もこの本で、作者の視点というものを学びました。面白かった思い出。また、読みたいです。 (2012/05/17)
    GOOD!0
  • 自分のとっての新井素子作品の中で1,2位を争うほど大好きな作品でした。もう一度読み直したいなぁと思ったら絶版……。悲しすぎます。
    そんなわけで復刊をお願いします。 (2010/04/06)
    GOOD!0
  • 中学時代,友人に借りて読んで「一人称」という言葉を知りました.ぜひもう一度読みたい! (2010/01/21)
    GOOD!0
  • 名作です。創作に携わる者の原点だと思います。 (2009/07/11)
    GOOD!0
  • 学生の頃に読んで、急にもう一度読みたくなりました。 (2008/11/15)
    GOOD!0
  • 名作ときいているので、ぜひ読んでみたいです。 (2008/07/16)
    GOOD!0
  • もう一度読みたい! (2008/05/18)
    GOOD!0

T-POINT 貯まる!使える!