復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

ヤーボー丼 いかにして私たちはくよくよするのを止め、核ミサイルを持つか

投票コメント

全65件

  • 核武装に関する理論構築が、それを肯定するにせよ否定するにせよ
    必要なのは論を待たないのですが、その際にこの本を置くわけにはいきません。
    電子書籍ではなく、一般書籍として発行されべき本であると思います。 (2007/11/30)
    GOOD!1
  • 軍事に関する専門家として、兵頭二十八先生以上の軍学者はまずいないため、今後の日本の防衛戦略を考え、また外交政策を考える上では兵頭先生の本は貴重な資料である。
    それゆえ、このヤーボー丼も欠かすことはできない。 (2004/04/22)
    GOOD!1
  • この手の軍事学の本を出す作家の中で、彼、兵頭二十八氏の物の見方、考え方は、他の作家の中でも異色で、彼の本は書店で見かけた場合必ず購入しています。
    氏は、国会図書館・各国博物館等、自らの足を使い資料を調べ上げるために、資料的価値が大変高い本を世に送り出しており、ぜひとも、氏が作家として初期のころに書いた原稿をまとめた、謄本を復刊して欲しいと、切に願うしだいであります。
    この本が出版された時期、自分は失職中で金銭面で購入することが出来ず。しかも、氏の本は重版されることはまれで、新刊を買い逃すと手に入れられない場合が大きく、今回復刊してもらえるのなら、ぜひとも御願いしたいと思い、ここに復刊を希望します。 (2003/12/02)
    GOOD!1
  • 兵頭二十八氏には、かねてより注目していました。
    日本の防衛力再考にはいたく感銘を受けました。核問題を表立って
    発表する事さえできない状況がながく続いていましたが、そのトラウマもようやく国民のなかから去りつつあります。これからの核問題をとりあげる際、この本はバイブルとなるでしょう。 (2003/09/25)
    GOOD!1
  • ワタシ、これ持ってます(笑)しかし、人に勧めるにも売っていないの
    では仕方がない。復刊を強く希望します。偏見を捨て論理的思考が身につく良書です。この期に及んで「右だ」「左だ」と言って満足している
    御仁は読まなくて結構。「ところでそれ、なんでやのん?」と知的好奇心躍る人だけが読めばいい。復刊したら、買い足します。 (2003/03/04)
    GOOD!1
  • この人の本は 面白い!(資料としても良い)
    が 図書館、古本屋にはまずない。
    ないとなると読みたくなるのが本というものではないか。
    (あまり 人気がでると私の持っている 兵頭本の
    古本価値が下がるけど。) (2002/12/14)
    GOOD!1
  • 兵頭氏は世俗的、文化的、民族的etcの観点で幅広く事象を分
    析し結論を導き出している論理的な方です。氏の著作は色々読
    み、私の考えを大きく変えるものでした。衝撃を受けた。
    その辺の「軍事ヲタ」(自称軍事評論家だったりする)と違いま
    す。
    そのルーツともいうべき「ヤーボー丼」が手元にないのはいかに
    も残念。またもっと多くの人にも読んでもらいたい。タブーを恐
    れず、自由闊達に議論するのが民主主義国家の歩む道と考えま
    す。てなわけで復刊希望です。 (2002/11/07)
    GOOD!1
  • 自由のためには、戦う覚悟と準備が必要である。
    そして、現代のそれは核兵器をおいて、他にはない。
    もう、日本は悪いことをしたなんて、敵の刷り込みに
    くよくよせず、核兵器を持つ方に進もうよ。

    これを最初に言い出したこの先生は、若いけど本当に
    立派です。ぜひ復刊させるべし。 (2002/10/03)
    GOOD!1
  • この本の著者である兵頭氏の数少ない著書である上に、昨今の情勢を鑑みるに、今一度今までタブー視されてきたこれらのテーマを積極的視点から再考する機会が生まれてきたといえる。そしてこれはそれに最適な書であるといえる。 (2002/10/01)
    GOOD!1
  • 核所持について、明確な数値と固有名の提示を行った、
    事実上初めての書である。
    青年らしい思考の若さの満ちあふれた、貪欲な作品である。
    心地よくいい本である。
    ただ書名そのものに関しては、
    トンデモ本と間違われる可能性があり、
    若干、修整の余地があると思われる。 (2002/09/09)
    GOOD!1
  • 偶然私は手に入れることができましたが。この本はぜひとも読まれるべきです。核武装による対外戦勝利の金額的条件もさることながら、従来の宮本武蔵観(吉川英次ーバカボンド系)が如何に本質を見誤ったものであるか理解できます。 (2002/08/27)
    GOOD!1
  • 兵頭二十八先生の著書を愛読しています。しかし、絶版のまま何年も過ぎています。是非、復活して読みたい!復刊を強く望みます。 (2018/09/30)
    GOOD!0
  • タイトルに惹かれたので。 (2014/12/24)
    GOOD!0
  • 是非読みたい (2013/04/15)
    GOOD!0
  • 今の日本での防衛論議には、必読の書であると思ったので。 (2008/09/23)
    GOOD!0
  • 三時間でわかる核武装な本
    何故日本が核武装しなけりゃいけないの?
    どうして?
    なんで?
    に答える素晴らしい本 (2008/06/25)
    GOOD!0
  • ただ一言、良書は足(=廃刊)が早い。 (2007/12/01)
    GOOD!0
  • この作者の他の著作を読み興味を持ちました。 (2007/11/27)
    GOOD!0
  • 必読でしょう。 (2007/04/25)
    GOOD!0
  • 緊迫する核戦略を再考するテキスト本 (2006/11/28)
    GOOD!0

T-POINT 貯まる!使える!