復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧

教会・公法学・国家 ―初期カール=シュミットの公法学―

投票コメント

全27件

  • この文献はカール・シュミットを公法学の観点から研究した日本語では唯一の文献です。

    現在でも文献的価値が高いにもかかわらず、絶版で、中古では5万円近くし入手困難であることから、復刊を強く希望します。 (2020/09/04)
    GOOD!0
  • 重要なシュミット研究として。 (2019/11/01)
    GOOD!0
  • 憲法学界隈で、とても評価が高く重要な本だからです。
    中古価格は五万円を超えるため、手が出せず困っている学生も少なくないのでは‥ (2019/06/12)
    GOOD!0
  • 尊敬する和仁先生の著作をどうしても読みたいです。 (2019/03/16)
    GOOD!0
  • シュミット研究としても、憲法学としても、大変評価の高い本であるから。 (2019/02/20)
    GOOD!0
  • シュミットを研究するのに必読な書物だから。 (2018/01/19)
    GOOD!0
  • 天才の書いたと言われる本を読んでみたい。 (2017/05/01)
    GOOD!0
  • ぜひ手許において読みたい。復刊よろしくお願いします。 (2017/04/01)
    GOOD!0
  • 知性というもののあり方を目の当たりにできる、稀有な書。 (2014/01/16)
    GOOD!0
  • シュミット研究の必読書。参考文献に必ず入ってる。
    書物復権とかで復刊して欲しい。 (2013/07/09)
    GOOD!0
  • 何故絶版にしてしまったのか (2013/06/27)
    GOOD!0
  • 法思想家カール・シュミットの重要性と彼への関心が時代の趨勢と共に高まる中で、膨大な文献を渉猟して従来のシュミット観を転覆した本書はより多くの人に読まれるべきだから。 (2013/03/18)
    GOOD!0
  • シュミット研究の上で必読の書だから。 (2013/02/24)
    GOOD!0
  • 天才と言われる人の本を読んでみたい。 (2013/01/29)
    GOOD!0
  • 文庫化すべき。岩波現代文庫、講談社学術文庫あたりで。 (2013/01/07)
    GOOD!0
  • 東京大学法学部で日本近代法史の講義を担当している和仁陽先生の主要著書であり,先生の学問的立場及び基本的な見識がこの書籍に凝縮されているものと考えられるから。 (2004/06/12)
    GOOD!0
  • 憲法学者必読 (2004/05/03)
    GOOD!0
  • よみたい (2004/04/05)
    GOOD!0
  • 基本となる研究書が必要な時に入手できなさすぎるのは困るので。 (2003/11/30)
    GOOD!0
  • 和仁先生、どうしてこれが絶版に? (2003/05/23)
    GOOD!0

T-POINT 貯まる!使える!