復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

冒険手帳

投票コメント

全138件

  • 小学生時代の私にって、夢へのバイブルともいえる本の一つでし
    た。今更その本が存在しているとは思ってはいませんでしたが、
    復刊への動きがあることを知り投票させていただきます。
    もし、復刊されればもちろん購入します。そして子供にも是非読
    ませたいと思います。
    復刊を願いつつ。 (2003/03/29)
    GOOD!1
  • 僕が小学生のころ、友人の間ではやってきたこの本を手にして私は《ドハマリした》
    火の起こし方、風雨の耐え方、それだけではなく、道に迷ったときにどうするか、アイヌの遊び方、そして動物の捕まえ方、(日本では禁止されている動物まで、)、どぶろくの造り方まで(もちろん日本では禁止)書いてある。
    中古本も含めて、探しに探したが、まったく見つからなかったこの本の再版を切に希望いたします。 (2002/12/30)
    GOOD!1
  • バブル期に流行した「アウトドア」ブーム。大きな車に2バーナーのコンロを載せて、家庭の快適さをそのまま野外に持ち出したに過ぎなかった。おかげでキャンプ場はそのほとんどがオートキャンプ場に姿を変え、バックパッカーは少数派に成り果てた。
    『冒険手帳』はその対極にある、最小限の道具と荷物で自然と向き合う姿を教えてくれた、僕のバイブルだ。 (2002/12/22)
    GOOD!1
  • はじめて『冒険手帳』を手にしたのはもう20年以上前になるでしょうか?小学生だった私と弟は、書店でこの本を見つけた瞬間「これだあっ!」とひらめきました。これぞ求めていた本だったのです。すぐに割勘で購入し、それからはぼろぼろになるまで読み返しました。ここには「生きてゆく」ことの基本がぎっしり詰まっています。こう書くと大袈裟に聞こえてしまいますが、決して押し付けがましくなく、自然に 冒険やサバイバルのいろはが書かれています。そして何よりもおもしろい!のです。谷口尚則さんの文章と石川球太さんの絵が見事に調和しています。残念ながら震災で失くしてしまったのですが、たまたま友人もこの本を持っていることが発覚!その後何とか手に入れようと思い、PCで検索・・・が1件もヒットせず。主婦と生活社にも電話しました、しかし絶版という回答。それだけに今このように復刊.comで取り上げられていることが非常にうれしいです。是非復刊してください! (2002/11/02)
    GOOD!1
  • 復刊ドットコムのアウトドア特集を見て、冒険手帳を知りました。読んだことはないのだけど、この本の復刊を願う皆さんの書き込みを見て、僕も子供の頃に読みたかったなと思いました。
    今は年取った”子供”なので、復刊したらぜひ読んでみたいです。 (2002/10/14)
    GOOD!1
  • 中学生の時にボーイスカウトの友人から教わり購入しました。
    ボロボロになるまで読み、いろいろ試したものです。
    今でも忘れられなく、検索したらこのページに出会いました。
    同じような方がたくさんいらして、やはりあの感激は自分だけで
    はなかったのだと再認識しています。
    とにかくもう一度読みたい。強く復刊希望。 (2002/10/09)
    GOOD!1
  • 出版時購入しました。まだ実家の本棚にあると思います。サバイバルやアウトドアの本とゆうより昭和30年代の月刊少年誌の付録の雰囲気がして私としては好きな本です。少年探偵手帳のように復刊の折は出来れば本当に手帳のような装偵でお願いします。 (2002/09/28)
    GOOD!1
  • 子供の時、夏休みのお墓参りの時には必ず持参してお墓の裏山の探検に活用したものでしたが成長するにつれこの本の存在も忘れ、いつしか書棚からもなくなっていました。最近実家に帰省するたびにこの本のことが懐かしく思い出され、もう一度読んでみたい、子供に読ませたいと思って居ます。 (2002/08/18)
    GOOD!1
  • 高校の時、友達がこれを持ってきて、大笑いをしたおぼえがあります。キャンプやサバイバルが好きで、いろいろな本を読んだけど、これだけインパクトのある本はなかった。食べられるもの、蜘蛛の足、チョコレートの味がする、は、人間。これには笑ったなぁ。ちょっと、きつい表現もあったけど、でも、そういうのを気にしないで、出版できた昔のこう言った本が懐かしいですね。 (2002/07/31)
    GOOD!1
  • 小学生の低学年頃だったと思う。従兄弟の部屋で見つけたその本に僕はとりこになった。
    今思えば、あの本との出会いが僕のアウトドア好きのきっかけだった。
    あの本の細かな内容までは覚えていないが、アウトドアのテイストを身近に感じ、アウトドアへの憧憬を抱かせるものだった。
    今でも十分に使える実用書ではないだろうか。 (2002/06/21)
    GOOD!1
  • それは遥かノスタルヂィ。早起きしていった虫取り、自転車で行った海、高さを競った木登り、日が暮れるまで作った秘密基地。ちょっとしたことでも毎日が冒険でした。冒険ってやっぱいいなぁ。欲しいなぁ、冒険手帳。 (2002/06/19)
    GOOD!1
  • 友人にこの本のことを紹介されました
    皆さんの投稿を読んでみたら、
    是非私も読んでみたいと思いました
    ボーイスカウトの指導者をしているので
    良ければ子供たちにも勧めたいと思います
    そのときは是非、
    子供の買える低価格でお願いしたいと思います (2002/06/19)
    GOOD!1
  • この本に出会ったのは私がボーイスカウトに入隊してからのことだったと覚えています。男の子供が今、二人ボーイスカウトに入っています。あの本との衝撃的な出会いと冒険への憧れの気持ちを味わさせてやりたいと思い 復刻を強く希望します。 (2002/06/18)
    GOOD!1
  • 小学生の時に買っていつもワクワクして読んでいました。最近、アウトドアでのバーベキューを始めましたが、ハウツー本としてもあの本はよかったなぁ、と懐かしく思いながら探してみたらこのサイトを見つけました。
    父親になった今、自分の息子と共に是非読んでみたい。 (2002/05/04)
    GOOD!1
  • 子供の頃に愛読していました。「冒険」に必要な様々なことがわかりやすく1冊の本にまとまっていて、自分の冒険の空想をかなり具体的にしてくれた本です。引越しのどさくさで無くなってしまったのですが、是非子供に読ませたいので、復刊を希望します。 (2002/02/07)
    GOOD!1
  • 今から、20数年前に買ったのですが、その内容は今も通用する内容で、現在出版されている同じテーマのものは、便利な今の世の中にあっているので(便利な道具があるのを前提にしている)、物足りなさを感じます。
    アナログ全盛にかかれた物こそ、今、必要ではないでしょうか。 (2001/12/19)
    GOOD!1
  • 小中学校時代、これを読んでワクワクしました。
    何気なくインターネットで検索したら絶版であることを知り、また100票集まったら出版社へ復刻活動するこのページを知りました。
    あの感動をもう一度、そしてあの頃の思い出を、次世代にも伝えたい。
    そんな思いで投票します。 (2001/12/18)
    GOOD!1
  • 私は現在24才ですが、小学生の頃この本に出会い、わくわくし
    ながら何度も読み返しました。今も実家の本棚に眠っています
    が、次回の帰省の際にぜひもち帰り、もう一度読み返し実践で
    きるように技術を身に付けようと考えています。そして復刊を
    希望するのは友人の子供に贈りたいのと、今の少年達にも読ん
    で欲しいからです。 (2001/12/10)
    GOOD!1
  • アウトドア本の走り.アウトドアというよりはサバイバル.
    この本に書いてあった「カブト虫の幼虫はうまい」「○○グモはチョコレートの味」というのを信じていたが,「ゲテ食大全」という本によると,この記述は間違っており,カブト虫の幼虫はまずいらしい.腐葉土の味だそうだ.クワガタの幼虫はうまいらしい(カミキリの幼虫もうまい)ので,そちらの間違いのようなことが書いてある.
    自分で確認する勇気はないが,いざというときは,いろいろと食べることができるものの情報を教えてくれた.
    ウサギの解体方法など,いまでも脳裏に浮かべることができる. (2001/12/10)
    GOOD!1
  • 私もボロボロになるまで読み込んでいました。「泥で頭を洗う」イラストが妙に引っ掛っていて、いつか試そうと思っていたのですが、もうチェンスは無いでしょう。本の内容を実践しなければいけない「サバイバル」の状況にでもならない限りは。いやぁ、それにしても懐かしいですね。復刊迄待てないので古本屋にでも探しに行こうかな。 (2001/09/20)
    GOOD!1

T-POINT 貯まる!使える!